呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる136文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。

参加メンバーはこちら

呟怖.ORGと参加について

@Mad8068 #呟怖  #返怖
枝を踏みしめ枝を折る感触に倒れそうな自分を叱咤し、森の出口を目指す。もうどの位歩いたのか判らない。あ…彼処にテントが見える。人がいる!助けを乞おうとよろけながら近付くが一向に距離が縮まらない。何故…?パキンと枝の折れる音だけが響く。

お題使用有難う御座います。

折れる(枝)

ランタンを消すと
枝を踏み折る音がテントの周りを回り始める

誰かが来る可能性なんてほぼ無い筈なのに…

そんなはずは無い
思い切ってテントを開けると何も変わらない自分の部屋

気分を変えるためおうちテントを楽しんでいただけなのに…

部屋中に枝を踏み折る音が響いてる

#呟怖 https://t.co/RNBNeforjA

優秀賞【銀の空賞】
オ・ムラ=イスさん
( @R5ZcRPBLrUgckRE )
#呟怖

最近の某国の大統領選や独裁国家を彷彿させる風刺の利いた設定と、物語による分断と実際の肉体的な分断を掛けたオチが何ともニクい。弛む所のない読み味の明快さ、「未到の三つ目の物語」という主題の提示方法にも感嘆しました。 https://t.co/byWz0MPETU

大変お待たせ致しました。第2回 #空踊怪談賞 の結果発表に参ります!
#呟怖

いつのまにか写真フォルダに「幽霊」と検索されており、どこか知らない草地のブレた写真が何枚も並んでいた。#呟怖

きっちりゴミ出す奥さんで、分別もそりゃ丁寧。口喧しく旦那さんが叱られてたの、近所中響いてたよ。だからまぁ、旦那さんが腹に据えかねたのも奥さんが出るのも納得だね。なんせバラバラで撒かれたんだ、我慢ならんかったろう。で、うちは可燃ゴミ月・木だから、間違えないようにね。出るよ。#呟怖

#呟怖

ー 椿に触ると首が落ちるから触ってはいけない
裏のお爺さんが、静かに笑みを称えて言う
「あの爺さんビビらそうぜ」
僕が止めるのを聴かずユウスケ君が花に触れる
ユウスケ君はドアに挟まり首がまるで椿のように落ちてしまった
ー だから言ったのに
お爺さんは静かに笑みを称えて言った https://t.co/gaXuYOU43J

#呟怖
ある道路に引かれた白線は常に真っ白で何年経っても汚れず薄れず不思議に思う。ある時塗り直している連中を見かけ『急がないと赤が…』という怯えた声を聞いた。此処で数年前ひき逃げがあり、犯人は捕まってない。
まさかとは思うが。
塗り潰す前に垣間見えた白線の上に血の色の文字。 https://t.co/eIzfrNtfiv

毎日更新中
今まで書いてきた #呟怖 をまとめた短編集『みみうち』の84話と85話を更新しました
https://t.co/h1ED9uyaVg

少しでも読んでもらえると今後の励みになります
よろしくお願いしますm(*_ _)m

折れる(傘骨)

雨の中
傘骨の折れた新しい傘が一つ転がっている

風で折れたからそのまま捨てて行ったか…

車が通り過ぎ動く傘
風圧か…
不気味に思った瞬間被せられる頭陀袋

日本語ではない何かを話す何者かにトランクに押し込められていた

ああ、だから折れてたんだ
雨が冷たい

#呟怖 https://t.co/RNBNeforjA

この奥には嘗て“不治の病”であると診断された者が送られる特別療養施設があり中に入れるのは患者本人のみであった為患者とその家族恋人友人達はこの門でお互いに別れを惜しみ合った。現在病気では無いと判明しているそれを発症し施設に送られた“患者達”は誰一人として帰って来なかったと云う。#呟怖 https://t.co/YmlHND5rVq

「白線の内側までお下がり下さい」とのアナウンスがあった後向かいのホームの白線の内側に居た人々は入って来た電車に皆悉く撥ねられてバラバラに弾け飛んだ。
今日は28日。そうだ内側と外側が反転する日だと思い出す。#呟怖 https://t.co/gCNAl7V01o

病院で薬を受け取り、帰宅して袋を開けた。
見たことのない錠剤が入っている。
特に説明の紙もない。
病院に問い合わせると、慌てた様子ですぐに伺いますとのこと。
わざわざ担当医が回収に来て深々と頭を下げた。
改めて渡された袋には、いつもの薬と札束が入っていた。

#呟怖 https://t.co/aY4eFl7Axc

#このお題で呟怖をください
#呟怖
#一日一題

昨日こっそりもう一枚撮ってました。

今日のお題『アンテナ』

引用RTでお願いします! https://t.co/r65pHNVWWF

#呟怖
金を受け取り、引き換えに小さな薬包を渡す。中身の茶色い粉末は私の血。これを飲むと体の老化が遅くなり怪我も病気も直ぐに治る。酒の席での余興で怪しい肉を食わされたのはいつだったか。死ななくなって八百年だろうか。まあいい、時がどれほど経とうが、私には意味のないことなのだから。 https://t.co/zSBS9xBQxG

大変遅くなり申し訳ありません、第2回 #空踊怪談賞 の結果発表は本日21時30分頃より行う予定です……!
#呟怖

#呟怖 ( #返怖 可)

夕闇が迫ってきた
秋の空は天が高く
空気も透き通って
見渡しが効くのだ

「一番星みーつけた」

長男が西の空を指し
得意げに言った

「ひとばんぼーし、みーつけたぁ」

妹ちゃんも指をさした

宵の明星の輝く
すぐ下の山腹を

翌日、その山腹から
首を吊った遺体が
発見された
. https://t.co/yqommcXCKc

#呟怖
「まもな……列車が4番…ームに参……ます」
「白線の…側まで…りくだ…い」

今日のアナウンスは聞こえにくいな…

「白線の外側までお入りください」 https://t.co/eiF5GA8Aj0

#呟怖 ( #返怖 可)

遺体は全身が黄味がかっていた

黄疸反応

肝機能に相当のダメージがあった筈

右の横隔膜の下に注射跡

肝臓は耐久力が高い
毒の回りに時間がかかったろう

だが

「すまんな、台本付きなんだ」

そう語りかけ報告書に

「道路横断中に心不全を起こし心肺停止」

と書き込む
. https://t.co/PwyvPY8Cj3

#呟怖
死神に手をひかれて空に昇り蛇行した山間の道を見下ろす

やけにぐねぐねした道だ
こいつぁなんです

問うと死神が苦笑いを浮かべて答えた

お前さんが今まで歩んできた道だよ
ここに来るまでやけに回り道したもんだねえ

三分の二くらいぐでんぐでんの千鳥脚だったからねえオイラ

悪かねえ道だ https://t.co/cFcQ9KSNPa

「お見舞いの鶴の首は折っちゃダメなんだよ!ジョーシキでしょ?ちょっと考えたらわかるじゃん!」
入院した友達のために教室で千羽鶴を作っていたら、A子が大声で言ってきた。

A子が入院したので、赤と白の折り紙をぜいたくに使った千羽鶴を贈ろうと思う。
クラスの皆で、首も丁寧に折って。

#呟怖 https://t.co/XLSCQYFXUN

耳が切れそうな寒い朝、私は雪深い道を歩いていた。
貧しい家で親から虐待されて育ち、大人になると男に騙されて借金まみれ。
疲れたの。私、疲れたの。
道端に一輪の真っ赤な椿が咲いていた。この寒さの中で頑張ったね、偉いわね。
椿の花が雪の上にポツンと落ちた。椿の花は私の顔をしていた。#呟怖 https://t.co/Mfvb3YvPlD

#呟怖
ペットOKな宿はここしか無かった、名前は気に入らないが仕方がない、部屋に入ると犬もベッドに飛び上がり伸びをしているから大丈夫だろう。
夜もふけて急に立ち上がった犬が窓に向かって唸り声をあげた、カーテンの隙間からピエロが覗いているのが見える、映画で得た知識が役立つと良いのだが。 https://t.co/TAwg7zv1RI

#呟怖
毎年の帰郷、庭の椿は去年も満開、母は あなたが帰って来るのがわかるみたい、そんな風に心待ちにしていたらしい。自分が生まれた年に庭に植えたのだった。
その年は咲いた事は咲いたのだがあっという間に花は全部落ちてしまったのだと言う。
私の遺影に涙する母の肩は細かく揺れていた。 https://t.co/XJnFwR5ON1

#呟怖
九十九折りの山道をツーリング、楽しいワインデイングロードだ、上の方からライトの光が見えていたからその内すれ違うだろうと思っていると、急にその光が近づいた。
エエッ と思った瞬間、ガラガラ ガッシャーン、、、無音。
次コーナーで止まって見渡すと、一台崖から落ちているのが見えた。 https://t.co/61KLfn4qWe

新しく買ったカーナビ
何回操作してもルートが絶対遠回りを指す

少しの遠回りなら良いが1時間2時間かかる遠回りは流石にキツい

だがふと気がついてしまった

遠まりじゃない順路通りの道では毎回酷い事故が起きている

それに気がついた時
動いてないのにカーナビが目的地に着いた音を奏でた

#呟怖 https://t.co/2u7TLLEMUB

煙草を吸い終えると、俺は重りをつけた女の死体を波止場から暗い海に放った。なぜこの女が殺されたのか知らない。組織の命令だ。死体が海中へと沈みゆく間際、女の脹脛に7本足の蜘蛛の入れ墨を見た気がした。冷たい夜霧の中に張り巡らされた透明な糸が膚にまとわりつく。我が母の教え給いし歌。
#呟怖

#呟怖

天使が私の元へ舞い降りたのかと思えば、幽霊だったので塩を撒いて追い払った。
あぁ、天使さま、天使さま。
あなたは何処へいらっしゃるのでせうか。
どうか、どうか。
このわたくしめをおすくいくださいませ。

―――以上が、とある新興宗教に狂い妻を殺害した男の手記である。 https://t.co/ptPdUOf46B

#呟怖
宝物を埋めたのよ、とお姉さんは言った。内緒にしてねと優しく言われて必死に肯いた。両親とはぐれたハイキングコース、無事に合流出来た時も『宝物』には口を噤んだ。そして今、私も細切れにした『宝物』を抱え鬼のお姉さんと同じく山中に埋めに行く。
未だにあの宝物は見つからないから。 https://t.co/h1ERbp7dX8

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる136文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。