呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる140文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。

参加メンバーはこちら

呟怖.ORGと参加について

#呟怖
某県の警察署に胸から下を切断された、紐で雁字搦めに縛られた裸の女の剥製が届いた。怒った顔が作りものめいていたが鑑識の結果は本物の人間。剥製の女は見た目は20代女性だが、検出された遺伝は70代の男性。整形等の手術はしていない。奇妙な剥製は話題を読んだが、盗まれて現在は行方不明。

#呟怖
私は生まれながらにして鬼であり、人と変わらぬ容姿をしていても、私を形作る構造は化生の者に変わりなく、人の命を啜り奪った。人の血は私の血になり、人は私になった。
狩人よ。貴様が私を殺す行為は、貴様が私を殺すに至らしめた人を再度死に至らしめること、ゆめゆめ忘れるでないぞ。 https://t.co/ZL14fmVInF

#呟怖
歯ブラシ工場の産業用ロボットはエラーを起こすと、ベートーヴェンの「第九」が流れます。
深夜に十数台の壊れたロボットが歯ブラシを指揮棒みたいに振っていました。ひび割れた不調和音の第九。では、この讃美歌も機械の誤差動によるものでしょうか?

#呟怖
常習的にタメ息をつく女がいた。嫌う人間を嗜虐する為であったが、いつの間にか敬遠された。癖になったタメ息を誰もいない場でつくと、息がかかった物品は腐臭を放った。家。オヤスミの前に、ベットの隣で眠る男に接吻する。差し込んだ舌に反応してウネウネと動いたのは、肥太った蛆虫だった。

#呟怖
1965年3月、家具職人Bの家で不審火があり、消防隊が消火にあたった。
家の中から、助けを呼ぶ声が聞こえ、救助に入ったが屋内には誰もおらず、絶叫や泣き声だけが聞こえていた。
救助者がいないと判断し、撤退。後日、焼け跡を調査すると燃えた家具に人骨や皮膚、歯が使われていた事が判明した。

#呟怖
「おはようございます」
『おはようございます』
「就寝中に破裂音は聞こえましたか」
『ドン!』
「おめでとうございます」
『おめでとうございます』
「ありがとうございます」

「参十番が発症しました」
『おめでとうございます』
「ありがとうございます」
『ありがとうございます』 https://t.co/OrRT2xdw0K

#呟怖
『履かなくなった靴はありませんか?』古い靴を換金する業者が来た。
「これ、あげます」家主が出した段ボール箱の中にはぎっしりと様々な種類の靴が入っていた。「私はマンションの大家をしてます。毎年、住民が飛び降りて屋上に靴がたまりましてね。はは。また来年来てください。あげますよ」

#呟怖
公園のジャングルジムは始め、野良猫や鳥の死体がよく見つかるくらいだった。口と尻から血を吹き出して、目を剥いて事切れていた。死因は老衰だった。次に遠足で訪れた子供達が同じ有り様で死んだ。
ジャングルジムは閉鎖された。老朽化が進んで、柱が軋む音は今際の声にそっくりだそうだ。 https://t.co/NNmYPF8Rk3

#呟怖
世が暗澹と見える曇り空。黒コンクリートの歩道に黒揚羽がとまっていた。風が吹いても翅を揺らせるだけで動きもしない。踏みつける。黒揚羽は忽ち体を崩し、煤になり、円を描いて空へ空へ舞い上がった。煤は忽ち黒揚羽の群れに変わり、ヒラリヒラリ不安定に飛んで離れて、散り散りになった。

#呟怖 #ダサ子さん
雑踏を歩いていると電話が鳴った。
『私、ダサ子さん』
何回捨てても戻ってくる人形の名前だ。
『いま貴方の後ろにいるの』
振り返ったが誰もいない。
「いないよ」
『え、嘘!わわ、間違…』
通話を切り、拒否設定した。その後は別の番号でかけてきたから、番号を変更つもり。 https://t.co/LT6qas58tM

#呟怖
監視カメラによく映る場所に子を誘導して、甲斐甲斐しく世話した。アポ無し来訪の姑をアルカイク・スマイルで歓迎する。「突然来て、ごめんなさいね」嘘つけ微塵たりとも思ってない癖に。注文煩い姑。健気な嫁。モニター越しに男は呟いた。「愛想良くしてれば、刑期が縮むと思ってる奴いるよな」

#呟怖
信号近くの道路の縁石に靴があった。中で仔猫が丸くなって、スヤスヤ眠っていた。
「(可愛いなぁ)」
信号待ちをしながら、眺めていた。おじさんが来て、靴を掴むなり、車が行き交う車道に猫を靴ごと投げた。大型車が潰して走り去った。
ショックを受ける僕を、おじさんは指をさして大笑いした。 https://t.co/R0nWEinr7j

#呟怖
「バイトしたのか。俺以外のヤツと…」
牛釜は悪びれもせずに頷いた。
牛釜には人を生死問わずに惹きつける魅力がある。繁盛させるが、怪奇現象が多発する。いつもは非常時に俺が「実は霊を祓えます」とでしゃばり、給料+αを貰った。
「店と…一緒に働いた奴どうなった?」
「潰れた」
アーメン https://t.co/9NNEKSsH71

#呟怖
生前に親を亡くした子の霊“孤供”は、父母を探して彷徨う霊です。“孤供”は親の愛を希う習性で、足音は微弱ですが広範囲に響く振動があります。ミミズガミ様は体全体で振動をとらえて、歩き回る孤供を召し上がります。私は、ミミズガミ様に“孤供”をご用意させて頂く大役を仰せつかっております。 https://t.co/FiJCjSDIaY

「○○したのか、俺以外のヤツと…」のお題で呟怖ください!

お題を少しいじってもOKです
引用RTでお願いします
いいね・RTで対応します

#呟怖
#このお題で呟怖をください

蛇足メモ
「結婚したのか、俺以外のヤツと…」のパロディをよく見かけるので便乗w

#呟怖
生放送の番組でアイドルのお誕生日会が催された。大皿にのせられた銀色のクローシュを取ると、バースデーケーキが登場した。大喜びのアイドルは、カメラ目線でケーキを食べた。見る間に青冷め、泡を吹き、のたうち回って死んだ。高視聴率。一部始終、スタッフは美味しくいただきました。 https://t.co/27xILkpvJ4

#呟怖
昭和まで栄えた炭坑には「座敷童子の涙は金の粒になる」と言い伝えがあった。
衰退し始めた頃、子供の目の下に黄色の線の刺青を入れ、坑夫と同じ蛸部屋に住まわせ、働かせた。
劣悪な環境の最下層の待遇について公的な記録はないが、閉山された炭坑に出る悪霊は皆、目の下に黄色の線があった。 https://t.co/4P2n5YGdLK

#呟怖
葬儀に雇われ、死者の為に泣く職業・涙女に無縁仏を弔う仕事が入った。涙女は最初は普段の様に啜り泣いていたが、中盤から慟哭した。嘘泣きだった。涙女の体が突然燃え上がった。「騙された!騙されたぁ!」焼き焦げ、炭になる涙女の煙を体に浴びながら、参列者達は粛粛と無機質な葬儀を進めた。 https://t.co/ymk3hce5Cl

#呟怖
子供の頃、親が共働きで私は鍵っ子でした。鍵は靴箱に隠してあったんです。ずっと家で一人だった日もありました。家へ一人でよく帰りました。だから、分かるんです。同じ境遇の子供の行動範囲や鍵の隠し場所。孤独な子供を騙すのは簡単でした。罪悪感はありません。一人にさせた親が悪いですよ。 https://t.co/wZLprhETaE

#呟怖
「夢に必ず子供が出てきます」
SNSに記事と美しい少年の似顔絵が投稿された。
“私の、僕の夢にも出てきます”。
多くのコメントが寄せられた。
「天使みたいに良い子です」
「神様みたいに優しい子です」
文句を言う人はいなかった。数日後に彼らは睡眠中に死んだ。悪魔の形相をして死んだ。

#呟怖
非売品の赤ちゃん人形が盗まれた。
数日後に店の出入口に手紙と共に人形が置かれていた。
「彼氏二そっくりアリガトウ」
人形の顔面は汚物で汚れ、抉られた目の穴には糞が詰まっていた。
近隣のアパートで男性の死体が発見された。本来の目玉を無くした眼窩には人形の目玉があった。 https://t.co/Qmntot7zlP

#呟怖
妹が動かなくなった。彼女の髪を根元から取り、我が一族の市松人形の頭に植えつけた。
我が一族には死の概念がない。我が一族は動かなくなった親族の魂は髪に宿ると考え、人形に魂を移すことで永遠に生き続けるとしている。息を吹き返した妹の胸を刺した。お前の魂の在処は、もうここではない。 https://t.co/ei1y2qCN60

#呟怖
連日の深夜勤務で2日間起き続けた。仮眠も取れぬまま、3日目の深夜勤務に入った。顔の肌が妙に痒く、何度か洗いに行った。洗面台の壁には鏡が設置されている。顔を洗うと必ず鏡越しに真っ暗闇の中、誰かが見ていた。不眠で思考がぼんやりしていたのに、鏡の前に立つと嫌でも冴えてしまった。 https://t.co/nopFrJOuyd

#呟怖
体全てに生まれつき強力な呪いを宿す“呪躯葬具”の娘が逃げ出して、街で男と暮らしてた。
連れ戻しに行った奴等に同棲男が右目をやられても歯向かってな。一度は二人で逃げたが捕まってよ。
死んだと聞いた男が……俺を殺しにくるとは。お前、地獄から蘇った口かい?呪われてンじゃねェかよ。 https://t.co/9LvklmzNP2

#呟怖
「『トゥルース666』は僅か2ヶ月で販売禁止になった幻の煙草だ。吸うと悪魔が見えたり、話したり出来るうえ、悪魔憑きの判別も可能だと。製造に麻薬の使用を疑われて出回らなくなった。嬢ちゃん、こいつを何処で手に入れた?」俺が吹かす紫煙の先で、バフォメットの瞳をした少女は艶然と笑んだ。 https://t.co/eCIMgMCIIB

#呟怖

校舎裏の兵隊の石像
また一体増えたってよ。 https://t.co/TOoVoe0xPx

#呟怖
「親父、当たる銘柄を教えてくれ」
「俺が知りてぇよ。……まぁ、この名前がある外資は目をつけておけ」
「フランス人?」
「さぁ。前に東南アジア、最近は中東で戦争が勃発した時も上手いことやった」

令和に入り、久しぶりに新聞の経済面に例の名前を見つけた。また何処かで戦争が始まる。

#呟怖
関東でミスコンに応募した女子大生24名が大学の体育館倉庫で変死した。頭部がない裸の遺体が狭い一室に積まれていた。正体不明の主宰者は、文化祭でミスコンを行う旨をネットに掲示していた。当日、屋外ステージにブリザードフラワーを添えた頭部が収められたドームが24個分、飾られていた。 https://t.co/11JiBGYrL7

#呟怖

「母ちゃん、僕の通帳の暗証番号を教えて」
「ええで。語呂で覚えとき。“631”や」
「“ウザイ”?三桁やん。4桁やで?」
「“691074”」
「“ロクデナシ”…失礼な!6桁や!違う!」
「“9286”」
「“クソヤロウ”!?さっきから、僕に何の恨みがあんねん!」
「愛憎は表裏一体や」
「やかましっ!」

#呟怖

絵師が林中を迷い歩いていると小屋を見つけた。戸を叩くと現れた、水墨画から抜け出たかのような儚げな女人に息を飲んだ。

「……李喬、李喬……」
絵師は林で目を覚ました。三日前から帰らぬ弟子を師は叱った。彼は女人に会い、そこから記憶が無いことを話した。
「木精にたぶらかされたな」

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる140文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。