呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる140文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。

参加メンバーはこちら

呟怖.ORGと参加について

@suika_sheep 元の #呟怖 があまりにいい話なので、茶化したくなくて。
スマンです。
<(_ _)>

#呟怖
大分市に住む女性が惨殺され、ほどなく知人の男が「自分がやった」と出頭した。
だが男は大阪市在住で、どう考えても犯行は不可能だった。
「俺が殺ったんだ。俺が夢の中であのクソ女を出刃包丁で」
男の言う事は妄想とされ、殺害現場に男の指紋があった事は、誰も見て見ぬ振りをした。

@suika_sheep #呟怖
職員も野次馬も、その話題は絶対のタブーとなった。
一人の職員をのぞいて。

「聞いたか。あいつ、あれからも見せてもらってるんだと」
「オエエ」
「でもあいつ、若い嫁さんもらったばかりじゃん」

そんな彼が浮気して離婚した。
浮気相手は70代半ばの利用者だった。

#呟怖 #返怖
さっき、式神を放った。
リアルタイムで結果を知れないが、まあニュースにでも出るだろう。
式神を使役する方法は色々あるようだ。紙で作った人形(ひとがた)とかお札とか。
私の場合は指だ。
今日も含めて、これまでに三つ、式神を放った。
あと4人。
大丈夫、指はまだある。 https://t.co/Any22f4X4g

#呟怖 #返怖
何かの冗談かと思って。
こんなところで靴脱いでどうすんだと。
靴を脱いで、きちんと並べて、

「ここ泳げるんだよ!」

そう言って、歩道の縁石からポンと飛び降りて。
冗談だと思ってたんだよ。
ドブンと水しぶきが上がって、ブクブクと沈んでいくのを見るまでは。 https://t.co/hZ7Yph9Erp

#呟怖
「病気のおばあちゃんが長生きできますように」

50年後
「……おばあちゃん、まだ生きてるんだ。身体のあちこちから骨が見えてるのに」 https://t.co/HY3gLi3ovB

#呟怖 #返怖
なんつーか、最近はこんなものまでオシャンティーなものが求められてさ。昔ながらのほうが風情があっていいと思うんだけどなあ。
いやがるんだってさ。
亡者が。
うん。そう。
ここ、天国と地獄の分かれ道なの。

どっちに入りたい? https://t.co/gHisxiuVAD

#呟怖 #返怖
一家惨殺現場にあった品の中に、似つかわしくないオバケの絵本があった。
「飛び出す絵本とは懐かしいが、こんなのを読む年齢のガイシャいたっけ?」
そう言いながら本を開くと、中は真っ白。
「なんだこれ?」
と鑑識員に訊くと、青ざめている。
「だから……飛び出したんですよ」

#夏という言葉を使わずに夏を一人一個表現する物書きは見たらやる
#呟怖

「何度も放送していたのにな」
野次馬の一人が聞こえよがしに言う。
知らせを受けて出てきた若い夫婦は、呆然としてパトカーに乗せられて行った。
火ぶくれのように真っ赤になった乳児は、すでに救急車が運んだ。

@suika_sheep #呟怖 #返怖

「僕が勝ったら、妻になってくれる?」
「……今日はもういい」



邪神「つー事になってて困ってるんだが」
邪神仲間「そりゃもうおめー、嫁にもらってもらえや。おめーだってまんざらでもないんだろうがよ」
邪神「……///」

*

「ねえ君、わざと負けてくれたでしょ♪」

@suika_sheep 残念ながら #呟怖 のネタではないです。
先日の #返怖 で、「こんなネタでも良かったかも」とツイートした事が、サイトに載せている連作短編に使えそうなのでw

#呟怖 各氏他におうかがい。

氏師出雲様と小倉修平様の #呟怖 「赤いワンピースの女」「ホログラム」から、自身のサイトに載せるホラーのネタが浮かんだのですが、ホログラムって、監視カメラとかの映像装置には写るんでしたっけ?

#呟怖 としてアップしたあとで、いろいろバリエーションが浮かんだ。

たとえば女性画像と男性画像が駆け落ちするとか。
たとえば男性画像が夜ごと人を襲い、それを女性画像が倒すとか。その際、女子高生が協力したりしたらラノベっぽくなるねw

#呟怖 #返怖
「座ると死ぬ椅子」というネタで、ボヤで焦げたベンチにテープを巻き、SNSに「あのベンチに座ると死ぬ」と書き込んだ。
翌日から、そこに座った連中が立て続けに死んだ。
そんなバカなと、ベンチに行って、座った。
何も起きないよなと思っていると、目の前に黒い影がいて https://t.co/AdcHKnriwY

#呟怖 #返怖
警備会社社員「あの、会長さん。ホログラムが作動していないようですが、何か不都合が」
商店街会長「実はその……『画像』が襲われて、それっきり出なくなって」
警備会社社員「はあっ!?」
商店街会長「調べてみると、隣町の同じシステムの『男性画像』が犯人のようで」 https://t.co/9VLZbmKqqM

#呟怖 #返怖

薄紅の秋桜が♪
秋の陽の♪
何気ない血だまりに♪
揺れている♪

「この秋桜は犯人の遺留品ですね!」
「違うな」
「えっ」
「これは警察への挑戦状だ」

大量殺戮現場で揺れる秋桜の花一輪……。

#呟怖 #返怖

煉獄の長いトンネルを抜けると地獄であった。
我が輩は亡者である。名前は喪った。 https://t.co/mx8nBd424h

#呟怖 #返怖
京都のY金比羅宮は縁切りで有名だ。うかつに縁切りを祈願すると、とんでもない事になると言う。
「でも実は縁結びとしても有名だし♡」
K美が言った。
「Hくんと絶対に離れないようにって」
そんなK美がHくんとのドライブ中に事故った。
遺体はひと固まりだったそうだ。

#呟怖 #返怖
僕が住む村には、ムカサリ絵馬を奉納する寺がある。
同級生のコウタがこっそりと、何枚もの女性の絵馬に、自分の名前を書き込んだ、と自慢げに言った。
なんて事を。
「だってハーレムじゃん♪」
アホかと。
数日後、村のあちこちで、コウタの手や足が見つかった。

#呟怖 #返怖
ムカサリ絵馬で有名な寺に来た
先客カップルがいて、由来書きを見てウケている
おせっかいとわかりつつ、声をかけた
「当時としてはタブーだったわけで」
「だって、名前書いたから私たちいっしょになれたんですもん」
カップルの服装が異様に古い和装だと、その時ようやく気づいた

#呟怖 #返怖
ひとしきり泣いて、顔を洗って、メイクを整えて、しれっとした顔で席に戻るのにも疲れた。
顔を上げると、鏡の中の私が、こっちを見ていた。どの私も同じ向き。
振り返った後ろの鏡も同じ向き。
数え切れない私が声をかけてきた。

「こっちへいらっしゃいよ」 https://t.co/l9hLHzwcdh

@suika_sheep #日妖品 #呟怖 #返怖
自動翻訳アプリのせいでスマホが自我に目覚め、取り返しの付かない状況になっている。

「さて、今日も一日お仕事……っと」

スマホを手に取ると、

【やだ】

やだっつってもな。

【やぁーだぁー!!!】

どうすればいいんだこれ。

#呟怖
いつまでたっても、最下階にたどり着けない。
もうずいぶん長く降りているのに。
何日降り続けているのか、もう思い出せない。
ふと、踊り場に鏡があるのに気づいて、のぞき込んでみた。
何かの本で見たような、やせ細って腹だけが丸く大きく膨らんだ「餓鬼」が、自分を見返していた。 https://t.co/qVp2mNa0gz

@suika_sheep #呟怖 #返怖
そんな話を聞いた友達の親戚男性が亡くなったらしい。
お悔やみを言うと、彼は

「なんとなく心当たりはあるんだよね」

聞くと、友達の家に親戚男性が泊まった事があって、その際、浴室から

「ほうれほうれ♪ どうだよく見ろw」

という声が聞こえたという。

@suika_sheep #呟怖 かと思って、「どーなるんだろどーなるんだろ」とドキドキしながら読みましたw
勉強になりましたw

@suika_sheep #呟怖 #返怖

新人「……って事やらされてさあ。たまったもんじゃねーわ」

友人(笑い)

新人「何が可笑しいんだよ。他人事だと思って」

友人「他人事だと思ってねーよ。いずこも同じと思って、つい笑けてしまった」

新人「?」

友人「俺は消防署勤務だよ」

@suika_sheep 問題なしで~す♪
と言いますか、小ネタでしたので #呟怖 タグも #返怖 タグも付けなかったんですが、よろしかったのですかね?(笑

@suika_sheep #呟怖 #返怖
友人の突然死から数日、例の海岸に行ってみた。
友人と女性が仲むつまじく歩いていた。
二人とも姿がおぼろげで、この世のものではないのは明らかだった。
良き伴侶を得た友人がうらやましくなった。

この辺で、女の幽霊が出る所ってあったっけ……。

#呟怖 で「お題」を出す人が「 #呟怖 タグを付けて」と書いている事が多いので、そこまでくだくだしく書かなくてもと思っていたが、 #呟怖 タグを付けていない人けっこういるんだな。
引用RTしているから不要だと思うのか。

#呟怖 #返怖
「うそ替祭り」という、鳥を型取った小さな木像を交換し合う祭りがある。
とある地方でもうそ替祭りがあると聞き、出かけた。
ところが住民たちは、とても口では言えない物をなすりつけ合っている。
「これ本当にうそ替祭りですか!?」
「何言ってるだ。これはク〇替祭りだ」

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる140文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。