呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる140文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。

参加メンバーはこちら

呟怖.ORGと参加について

#呟怖
『目を瞑ってご覧』

不運続きの人生に落胆し駅のベンチに腰掛をおろし線路を眺めながらため息をついた…

すると私の横に居た老人がまだお若いのにため息ですか?目を瞑ってご覧なさいと私に耳打ちした…

私は老人に言われた通りに目を瞑り、目を開けると私はまだ3歳だったことを思いだした…

#呟怖
『幻の女性』
2階の窓から庭の大きな松の木を眺めていると木の下に見知らぬ女性の姿が見えた…私は慌てて1階に降り、庭に降りたが女性の姿はなかった…
そして一応父にさっきの女性の話しをしてから就寝した

夜中に庭からする物音で目を覚ますと、父が狂った様に松の木の下を掘り返していた… https://t.co/2UZgzID3oA

#呟怖
『蠱毒』
夕食を残した事を妻に咎められ数日前から腹痛が酷く食欲が無いのだと告げると、妻は口元に笑みを浮かべ『もうそろそろ最後の1匹が決まるのかしら』と呟いた…
その晩、腹に激痛が走り意識を失いかけながらも灯をつけると、禍々しい蟲が腹の皮膚を食い破りズルズルと這い出してきていた https://t.co/IUYVItWHTJ

#呟怖

いつも夕暮れ時に真っ赤に染まった空を見るのが好きでした…

そしていつか自分もあんな美しい風景を作りたいと思ったのです…

そう呟くと男は包丁をゆっくりと床に置き、辺りに転がる複数の骸に目をやることも無く、鮮血で真っ赤に染め上げられた部屋を見つめ満足そうな顔で連行されて行った https://t.co/TlxxwX9SXD

#呟怖
『忘れ物』
BARで安酒を煽り金があれば高い酒が飲めるのにと思いながら誰かが置き忘れたマッチを擦り煙草に火をつけると翌日に宝くじで10万円が当選した…そしてマッチを擦るたびに願いは叶いマッチが最後の一本になった時に箱の脇に寿命と引換に願いが叶いますと書かれている事に気がついた… https://t.co/ZM79hNNCb4

#呟怖
『部品取の娘』
 縁側に腰をおろし、満面の笑みを浮かべながら元気に庭に飛ぶ蝶を追いかけている孫娘の姿を見ていると『部品取の娘』を購入し孫娘に移植をして本当に良かったと思う…

 だが、時折この子は、本当に孫娘なのか不安になる時がある…
 
部品取りの娘から移植したのは脳だから… https://t.co/3U69hg9bwc

#呟怖
『幽霊』
『透明な幽霊見たよ』と息子が妻に駆け寄って行った…妻は『それは幽霊じゃなくて人よ』と答えた…すると子供は『違うよ僕透明じゃないもん』と言い返したが妻は『人ってねあの透明なのが幼体に寄生して老体になったら宿主を捨て、また新しい幼体に寄生しているだけなのよ』と言った…

#呟怖
『リモコン』
休日に家でうつ伏せになり、本を読んでいると『ねぇ、そこのリモコン取って』と言わたので、目の前にあるテレビのリモコンを手にとり、後ろ手に手渡した…その刹那、俺の全身血の気が引いた…だって俺は一人暮らしだ… https://t.co/cf6IJVLaBA

#呟怖
『深夜の訪問者』
深夜3時になると必ずドアをノックして何やら呟くような声が聞こえる…起きてドアを開けると誰もいないのでタチの悪い悪戯だと思い私はノックが聞こえたらドアを開けて捕まえてやろうとドアの前に立ち、待ち構えているとノックとともに『ごめんください』とあの声が聞こえた…

#呟怖
『訪問客』
 自宅の前まで来た時、門が開き、見知らぬ家族が出てきた…精気の無い顔の父と母に手を引かれる下を向いた小さな男の子…家に帰り『さっきの人達誰?』と父に私が見た家族の特徴を告げると、父は『見えちまったのか…アレはこの家の家主だった家族だ』と畳を上げ床板に手をかけた… http://pic.twitter.com/VHqXUJgt8V

#呟怖
『団欒』
久々に帰省し食卓を囲んだ。他愛もない世間話しに花を咲かせているとテレビで詐欺のニュースが流れた…俺は『親父もお袋も詐欺には気をつけてね』と言うと、親父は『馬鹿にするな!今、お前が美味いと言って食っているそのハンバーグはこの間捕まえた詐欺の受け子の肉だぞ』と言った… http://pic.twitter.com/De4gbs83wL

#呟怖
『実験』
某超大国は感染力の高いウィルスを培養しバイオテロ兵器を完成させた…
まずは数カ所に散布して感染力の実験を行ったが、空気感染には至らなかった為、世界各国へ輸出するトイレットペーパーにウィルスを仕込み各国にいる工作員にトイレットペーパーが不足するというデマを流させた… http://pic.twitter.com/Fsjiydrw5E

#呟怖
『アナウンス』
ある日、巨大なスピーカーを搭載した車が何台も街に現れ、スピーカーからこんなアナウンスを流した…
『こちらは日本政府です…第1回国民テストが終了致しました…今回デマを鵜呑みにし、トイレットペーパーの買占めを行った愚かな方々は直ちに廃棄させていただきます。』と… http://pic.twitter.com/gWDmTxrq7A

#呟怖
『赤い服』
深夜にある家の前を私が通ると二階の窓から赤い服の女の子が私に手を振ってくる…偶然かと思っていると翌日も翌々日もその子は私に手を振る…そんなある日、手を振る女の子の母親と思しき女性が窓をガラッと開き外を見渡し『何で誰もいないのにいつも手を振るの?』と女の子に言った http://pic.twitter.com/rItUwgCVnD

#呟怖
『事業』
新しい事業をはじめた父に電話をしたら物凄く元気な声で私の名を呼び『困った事は無いか?金なら幾らでも仕送りするぞ』と言うので『景気良いの?』と聞くと『何だオマエか…今、詐欺で電話して来る子を誘き寄せ臓器を摘出し販売する新規事業の仕込中だから電話して来るな』と言われた

#呟怖
『大蛇』
夜な夜な大蛇が現れ次々と村人を喰らい、ついに残された村人は私と妻だけになった。涙を流す妻を納戸に隠し鉈を握り締め夜を待った
やがて大蛇が現れたがこちらをジッと見据えたまま襲って来ないので、鉈を投げつけると鉈は大蛇の頭に命中し大蛇は悶絶しながら妻に姿を変えて息耐えた https://twitter.com/kwaidanbattle/status/1214523648234541056 

#呟怖
『笑顔』
彼女と旅行先で訪れた、怪しい骨董屋の片隅に未来を写す事の出来るカメラと書かれた古いカメラが置かれていたので、話しのネタに良いと購入し彼女と笑顔で記念撮影をした。
数日後現像に出した写真が手元に届いたので開封すると、そこには彼女が笑顔で私を刺殺する姿が写っていた… https://twitter.com/moon04cat/status/1212679592747524097 

#このお題で呟怖を下さい
#呟怖
『西暦4000年』
西暦3000年
人類は脳にある記憶を電気信号に置き換えてコンピュータに移し替え、肉体が滅んだ後も生き続けるという『永遠の命』を手に入れた。
西暦4000年
もうこの世には肉体を持つ者は誰1人として居なくなり、物悲しい機械音のみが鳴り響いている… https://twitter.com/thgiliwt_nwot/status/1208677074119970817 

#呟怖
『友人宅』
友人宅に遊びに行き、廊下の左脇の仏間の障子の隙間に、なんの気無しに目をやると、お姉さんが変わった面を付け、手招きをして、私を怖がらせようとしていたので、友人に『お前の姉ちゃん変わってるな』と小声で耳打ちすると友人は『は?姉なんていないよ』と不思議そうな顔をした… https://twitter.com/scary_misa/status/1161861485443682304 

#呟怖
#呟怖用素材
#呟怖専用フリー素材

【呟怖専用のフリー素材です】
呟怖をお書きになる方は、コピペして、加工、添付等ご自由にご使用ください。

※画像の使用許諾は、呟怖への使用のみとさせて頂きます。http://pic.twitter.com/b1Yf7hmG9e

#呟怖
#呟怖専用フリー素材

お気に召しましたら、呟怖用のフリー素材としてご自由にご使用下さい(^^)http://pic.twitter.com/IJcss7iach

#このお題で呟怖をください
#呟怖
『介護食』
5年前から寝たきりになった父に食べさせる食事を作りながら妻が言った…
『お父さんの胃袋って本当に丈夫よね!毎食このお鍋全部食べちゃうんだから』と妻が嬉しそうに土鍋の蓋を取ると湯気の中に見えたのは煮え立つ熱湯に浸かった鍋いっぱいの釘だった… https://twitter.com/moon04cat/status/1193352669206732801 

#呟怖
#このお題で呟怖をください
船乗りの友人が久しぶりに遊びに来たのだが、電気の調子が悪い私の部屋を見るなり『お前今すぐこの部屋から引っ越せ!』と顔を真っ青にして言った…
何故かと問うと、電気のチラつきをモールス式符号に置き換えると『アシタカナラズコロス』と読み取れるからだと…https://twitter.com/you_yumemi/status/1187702588566720512 

#このお題で呟怖をください
#呟怖
『おとしもの』
道ですれ違った老人に『そこの方、おとしものですよ』と言われ振り向くと老人は、空っぽの掌を私に向けて差し出していた…
腹が立ったので『私のじゃありません』と言い歩き出すと、私の足元に私の体が倒れているのが見えた…
一体私は何をおとした… https://twitter.com/moon04cat/status/1187991175560482817 

#呟怖
『チャイム』
テレビを観ているとチャイムが鳴った。
立ち上がろうとすると子供が走って行き、背伸びをしながら覗き窓からドアの外を見てから私のもとに駆け寄り『知らないおじちゃんだった…』と私に報告した。私は恐ろしくなり震えが止まらなくなった…

だって私は独身の1人暮らしだから… http://pic.twitter.com/cZrFDEq1Ja

#呟怖
『会釈』
新居に越して初めて商店街へ買物に行くとやたらと会釈をされる
初めて住む街なのに何故会釈をされたのか八百屋に聞くと『貴方の後ろにいる山本さんにご挨拶をしたのよ』と私の後ろを指差したので、振り向くと後ろには誰もいない…
確か昨晩葬儀をやっていた隣の家の表札は山本だった… http://pic.twitter.com/hvTiPiytke

#呟怖
『里帰り』
5歳になる息子を連れて実家へ里帰りした。息子が、ふと壁に掛かっていた祖母の遺影を指差して『毎日夜に遊びに来るおばちゃんだ!もうちょっとしたら、パパもママも皆んなで一緒に遊べるようになるって言ってたよ!おばちゃんこの家に住んでるの?』と言い出した…

#呟怖
『海』
3歳の息子を連れて海に行き、岩場で沢蟹やヒトデをとって遊んでいると、息子が私の肩をチョンチョンとつつき、少し奥の岩と岩との間を指差し『あっち!ヒトテあったの!』と嬉しそうに舌ったらずな言葉で告げた。息子に手を引かれて岩と岩との間を覗くと、ちぎれた人の手が浮かんでいた…

#呟怖
『雨戸』
アパートを借りた入居時に、大家がどういう訳か絶対に雨戸は閉めるなと言っていたので、いつもは雨戸を開けていたが、最大級の台風が上陸すると言う今夜だけは雨戸を閉めた…するとパッと灯りが消え真っ暗闇になり私しかいないはずの部屋を駆け回る無数の足音と笑い声が聞こえて来た…

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる140文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。