呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる140文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。

参加メンバーはこちら

呟怖.ORGと参加について

本棚の左から二冊目、赤い背表紙の本を強く押し込むと、書架を左に動かすことができます。
アンネの日記みたいでしょ?
その先の階段を下ったところに、私はいます。
私を迎えに来てね。
きっと来てね。
ずっと貴方を待っています。

本屋で手に取った本に、こんなメモが入っていた。新刊にだ。

#呟怖 https://t.co/2EWpu5plhJ

ああ、あのマンションの305号室ですよね?俺もよく届けに行きますよ。

ほぼ毎日頼まれるんで、なんか挨拶くらいは会話してました。

3日前かなぁ。
注文の依頼欄に「愛してます」って書いてあったのは。

うっわ気持ち悪、って。
だってそのお客さん、アカウント写真、娘さんの遺影なんすよ。

#呟怖 https://t.co/mEtIngXX47

「必ず、と言うわけではありません。統計的に高い確率というだけです」

行方不明者の生存が危ぶまれる分水嶺。
「それが、72時間です」
私が依頼を受けた時点で、彼の行方不明から丸2日経っていた。

「でも行くんでしょ?」
「仕事ですし」
「ボランティアだけどね」

https://t.co/epRc5h0SP1
#呟怖 https://t.co/ZkJmpRi10Y

大人になって気が付いたんですけどね。

うちの家族、みんな髪の毛長いんです。いやまぁ僕なんかは長いの気に入ってんですけど、父も、弟も、爺ちゃんもそういえば長いよなぁって。
で、父に一度聞いてみたんです。
そしたら
「パッと隠せないと困るだろ?」
って。

あー、と思いましたよね。

#呟怖 https://t.co/n6MFvKRTOS

新居の具合はどうですか?
建屋は年季入ってるけどお庭広いでしょ?
井戸からはまだ綺麗な水が湧いてるから、好きなだけ飲んでね笑

それと夜は結構声がするかも。
賑やかでいいけどね。庭の方から反響した変な音がしても気にしないでいいよ。

あ、夜は井戸の方見ないでね。
前の人いるから。

#呟怖

歩道橋の上で、全身に鳥肌が浮かぶ程の強烈なデジャヴュを感じた。

絶対に悪い事が起きる

強い直感に導かれて固く身構える。
歩道橋は一本道だ。
前方から何か恐ろしいものが現れるのか。じっ、と先の暗闇を見つめ

あ  ぶ ない

頭上へ落ちてくる女性の声を最期に、私の意識は喪われた。

#呟怖 https://t.co/uFgvdV8ROg

おめでとうございます!
貴方は当院で10,000人目の死者となります!

それを記念して、当院から記念品とこちらのレリーフの前で記念写真を撮らせていただきます。
ああ、無理に起き上がらなくて結構。こちらで動かしますからね。
ええ、ご家族もどうぞご一緒に。
撮りますよー、はい、チーズ。

#呟怖 https://t.co/oRdhWcuMkK

この町から最後の工場が消えて四半世紀が経つ。
工場の高い煙突はプラントの建屋に姿を変え、空は広く空気は綺麗になった。

だが、今もまだ出るそうだ。
ふと見上げる空。時刻は問わない。
あの日に見上げた煙突がストンと空に伸びている。

お化け煙突はどこまでも高く高く空へと伸びてゆく。

#呟怖 https://t.co/GkBFvsBzjU

誰も見ていない。
湖の神はそう思い込んでいた。
大きく伸びをして湖面に浮上する。
そして、眼下で一人の幼児が目を丸く見開いているのに気が付いた。

「相済まぬ」
神は陳謝する。
「こちらの不手際である」
「全ては返還出来ぬのだ。納められよ」
父母は手渡された両眼球を持って、泣いた。

#呟怖 https://t.co/IFbpHh6BjX

#このお題で呟怖をください
#呟怖

またお題を出させていただきます。
どなたもどうかお話ください。
決してご遠慮はありません。 https://t.co/SBO1swaFkQ

友人が泊まりに来た。
「悪りぃんだけどさ、洗濯頼むわ」
謝りながら煙草に火を点ける。

「俺、死んでもまた来るわ」
アンタの様な男に懐かれても困る、と言うと
「悪ぃね、いつも」
と笑った。

あの約束は果たされないまま。
窓辺に干しっぱなしのシャツからは今でも仄かに煙草の匂いがする。
#呟怖 https://t.co/pPNJLTqmZ6

物語の中ではドラゴンでさえ話し合えたら仲間になれた。

だとしたら、

話が出来ない。会話の通じない。

隣人の
「ですからねぇ、何度もいってますけどおたくの」
方が
「何度も何度も何度も何度も何度も何度も」
怪物だ。
「死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね

#呟怖 https://t.co/YhqbwW3wH9

雨が続くとねぇ。
池の水嵩が増すやろ?
よぉ来るんよ。

ほら、土踏まずから下が無いやろ。
右足だけやし。
かわいそうにねぇ。
去年はまだ両脚あったんよ。

ほら、さっきから廊下の音。
池の臭いも。
まだ遊びたい盛りやったのに。
かわいそうにねぇ。

#呟怖 https://t.co/zeO8C1i18m

雨上がりの路地裏は夏の匂いがする。
おばあちゃんはここにいた。

アスファルトの熱は地上の雨を瞬く間に雲に変えてしまうだろう。
おばあちゃんはここにいた。

上昇気流に煽られて陽炎が立つ。
おばあちゃんはここにいた。

揺らぐ景色の向こうに影法師、
おばあちゃんはいまもここにいる。

#呟怖 https://t.co/mbEXFDHOEP

「あっ!いったんもめん!」
姪っ子が空を見て叫ぶ。
本当だ。夕暮れの空を一旦木綿が先を急ぐ。
「一旦木綿さんもお家に帰るみたい。ユキちゃんも帰ろうか」
「うん、でもおじさんだれ?」

子供が遅くまで遊んでいると一旦木綿がでるよ。

白布で口を塞ぎながら車に乗り込む。
私の姪ですよ?

#呟怖 https://t.co/lh0QFVbwDX

仕事の後、車で海岸まで走る。
とびっきりクールな曲をかけて。
160km/hでぶっ飛ばす。

海岸線の夜の闇が一番濃いところで、
ハンドルを思いっきり切って。

星空が反射する海はとても綺麗だろ?
助手席のキミへウインクする。

あー、しまった。
猿轡噛ましてちゃ君の断末魔も聞けやしない。

#呟怖 https://t.co/knxaQ5ZcTu

私、そこに住んでたんですけど。
彼氏が泊まりに来た時になんか寒い寒いって言うから風邪だと思って、早めに寝ちゃえば?って言ったんです。
そしたら、
「お前ん家、夜すげー猫鳴くじゃん?寝にくいんだよね」
とか言うんです。
ウケません?
彼氏、分かってないんです。
アンタの子だっつの。

#呟怖 https://t.co/GS5JJItdet

お前、この本が読めるか。
なら何があっても黙っていろ。
泣くな。泣くと叛逆と見做される。
笑うな。笑えば侮辱と取られる。
父母の事は忘れろ。
村祭りや食べ物も。
初めから無かったと思え。

寂しいか?悲しいか?
悔しくて悔しくてやるせないだろう。

でも死んだら負けだ。
お前は生きろ。
#呟怖 https://t.co/1IXjdf0LfG

子供に暴力を振るった。

痛い痛いと泣く声が鬱陶しくて苛立つ。もう殺してやろうか、と思った時に不意にイメージが明滅した。

赤いウサギ男。
血走った目。
暗闇から、俺を睨む。

あ、と思い出す。

幼い日に、親父に死ぬ程殴られた夜。
俺はウサギのヒーローに「助けて」って祈ったことを。

#呟怖 https://t.co/gmKPDXzd2f

一枚のポストカードが戸棚から出てきた。

見覚えのない洋館。
どこかの旅行土産かな、と家族に聞くも心当たりはなし。
まぁ誰かからの貰い物だろう、と言うことで落ち着いた。

あれから十年。
私の手元には家のあちこちから不意に見つかる同じポストカードが溜まり続け、遂に千枚を越えた。

#呟怖 https://t.co/oVXsh5exa2

「……!……!…………!!」

なんだ。
なんだこれ。
俺はいつもの様に彼女と夜を過ごそうとしただけなのに。
だが、彼女はどこかの男と帰宅して早々激しい言い合いを始めて。
そして今。
頭上のベッドの上で。
物言わぬ彼女は解体されていく。

生温かい血が、顔面に降り注ぐ。
見つかれば——

#呟怖 https://t.co/H8d3f0dAoB

「人間はな、月に支配されているんだ」
「まさか。先輩、今度は何読んだんです?」
溜まり場の喫茶店の奥の席で。埃っぽい空気をたっぷり吸い込んで先輩は笑う。
「お前、空に浮いてるアレは月じゃないぞ」
「じゃあ、なんだって言うんです」

「あれはな、蛭子神の抜け殻だよ」
先輩は嗤う。

#呟怖 https://t.co/f9DZzPTQ6E

御神木を専門に買い取る業者がいる。
無論、正規に出回る木材ではないが神の権威を欲する愚者から需要があった。

だが、御神木にも限りがある。
やがて業者は“御神木を育てる”事業を始めた。

何をもって、御神木たり得るか。

「やっと見つけた」

……娘の鞄を巻き込んで育った幹を撫でる。

#呟怖 https://t.co/H7jRtfG26N

「アンタ今どこにいんの?ゲーセン?」
「なんか話し声の他に何人かのザワザワって声が入ってんだけど。え、今一人?ウソでしょ?」
「……え。マジならヤバいって。今どこ?家?待っててすぐ行くから」

がっ

ダメですよシノハラさん。勝手に病室を抜け出したら。
おい誰だ部屋の鍵開けた奴。

#呟怖 https://t.co/W7U69av9My

祖父はなんと言っていただろう。
「陽炎が立ったら左眼で見てみろ」
右目を、手で隠す。

揺れる黒い影達が畦道を連なって歩いていく。
その中に右脚を引き摺り歩く影がいた。あの歩き方は、今もよく覚えている。
「それを見ても話しかけてはならん」

爺ちゃんは歩いて行く。
夏の底まで。

#呟怖 https://t.co/20IMoaAKkh

大人になってから久々にこけた。
「……え?」
足が、動かない。
左足が地面に縫いとめられた様に全く動かせなくなった。

どうしても持ち上げられない左足と格闘していると徐々に陽が沈んでいく。

やだ。やだ。
夜になると、⬛︎⬛︎が来る。

目の前の闇に輪郭が浮かび、
それと目が合った。

#呟怖 https://t.co/b3xX5XVNqo

「私は皆様の期待を裏切りました」

一人一人の顔を見ながらお詫びをする。
怯えた表情で、それを残った子供達が見つめる。

ごめんなさい。私はクラスの仲間から殺人者を出してしまいました。
ごめんなさい。私はそれを止められたはずなのに。

私の死体が揺れる前で、子供達が泣いている。

#呟怖 https://t.co/6SShYH2Doj

こんなん怖かねぇやバッカでぇ。
おいケータ200円出せよ。
これで出たモンでお前ビビらせてやんよ。お前すぐビビるもんな。

ご、と。

ん、やけに重ぇ。
うわっなんか手に付いた。なんかの汁?
キタネーっ。
うげ、変な臭いするし。なんだこれ。

「松果体」

……なぁ、これなんて読むんだ?

#呟怖 https://t.co/zwjLqRIwLj

貴方は寒さに震えて泣いていたとする。

その時に、ふわふわのコートを着せてくれて、あったかいスープを飲ませてくれて、大きな暖炉の前に座らせてくれた人がいるとする。

きっと、ホッとするでしょう?
安心して、涙が出るかもしれない。

だからと言って、ソレを信じていいとは限らない。

#呟怖 https://t.co/8IiIMKAdAu

よく皆さん勘違いでお詣りに来られるんです。

あれは手を合わせる様なモンじゃなくて、逆なんです。
だのに皆さん次々にやって来られる。
私もね、止めるんですけど。
あんま聞いてもらえんのです。

地図にも載せてないのに、どうして来られるのかねぇ。

貴方もね、帰れないですよ?

#呟怖
#贄怖 https://t.co/5X2dQ6fPE9

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる140文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。