呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる140文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。

参加メンバーはこちら

呟怖.ORGと参加について

#呟怖
長い永い生に倦んでいた私は『一目でこの人だ』と思った。
この人ならこのつまらない生を終わらせてくれるとこの身を投げ出した。
だが。
相手も又人生に疲れており、わざと負けるつもりだった。
その日から、私と彼は互いに譲らず死合が始まり奇妙で楽しい生を送っている。
『仲良く殺ろう』 https://t.co/fG4866i2gg

#呟怖
…西瓜切りますよ~。
「食わねぇぞ」
…失敗蠱毒の呪詛を養分にしたエコな西瓜ですよ~。
「俺の知ってるエコと違う」
…土地に呪詛残す方が問題ですよ。ハイ。
「渡すなよ!」
…呪物としては失敗作でして。
「ウロボロス印…食欲が失せる…」
…種は吐き出して下さい。胃の中で蛇が育つので。

#呟怖
酔っ払って千鳥足で歩道橋を渡っている最中ふと気付く。
此処の歩道橋、老朽化で工事中じゃなかったか?
「当た~り~」
間延びした声と共に歩道橋がふっと消え、道路の真ん中で大の字になっていた。
クラクションと迫る車、あの声は小学生の頃に虐めてた奴の…と思い出した所で跳ね飛ばされた。 https://t.co/BYonRNxM6O

#呟怖
そのスケッチは未完成なの、と彼女は寝台の上で気怠げに笑う。双子は同じ男を愛して賭けをしたのよ。
…一卵性双生児の見分けがつくのか一日交替で試してみようって。
ねぇその絵の私は何方に見える?
当てられなかったら貴方の油絵も未完成のまま終わるけど。
同じ顔と声の悪女が笑い私を試す。 https://t.co/50pWIkAjVe

#呟怖
てるてる坊主を吊すと逆さ坊主になってしまう。何故かは判らない。
ある日不器用なのを揶揄われて腹が立ち、てるてる坊主に其奴の名前を書き吊したら、事故に遭い見事な逆さ吊りになって息絶えた。偶然だろうと他の嫌な奴でも試したら同じ事に…。
以来、私は開き直り依頼を請け呪術師となった。

#呟怖
呪術に失敗し呪いは完成せず負のエネルギーだけが留まっている場合、実のなる植物を植えて吸わせてやると良い塩梅で呪物が出来上がりますが食べる時にはご注意を…下手をするとご自分が蠱毒の苗床になりますからねと笑顔で渡された西瓜を毒殺に使うつもりが自分も食べる羽目に陥った。

#呟怖
帝王切開から楽だろう、なんて奥様に言うからですよ。
ご婦人は出産前後の恨みは絶対に忘れませんからねぇ。
『じゃ代わりに生みの苦しみ味わって』
…なんて呪いをかける位お怒りで。
鼻から西瓜、如何です?
あーショックで死なないで下さいよ?お子様からパパを取り上げたくはありませんので。

#呟怖
…只今戻りました~。
「おう…って!おまっなんだその重そうで丸いのが入った袋っ!?」
…嫌ですね、西瓜ですよ。
「…早くねぇか?」
…一族のお裾分けです…って何壁際に逃げてるんですか。
「何栄養に育てたんだ?」
…失敗した蠱毒の…
「俺は食わねぇからなっ」
…ネタ的な意味で美味ですよ?

#呟怖
蔵の中には煩い鶏が二羽いて近づくなと禁止された。好奇心に負けて蔵を覗くと綺麗な鶏が虐められている。
可哀想になって悪い鶏を捌いちゃえと刃物を渡すと、翌日兄が蔵の中で死んでいた。あの鶏は巧く逃げられたみたい。良かったと醜い欲に負けて強引に鶏姦を繰り返していた悪い鶏を見下ろす。

#呟怖
子供の頃に暮らしてた猫とは一緒によく散歩に出かけた。猫は自分の縄張りより外に出ようとすると必死になって鳴いて止めた。
夢の中であの猫の鳴く声がする。
…戻って!戻って!
仕方ないなと戻ると猫パンチをくらい目が覚めた。
病院の寝台の上で息を吹き返し、もういない猫を思い出して泣く。

#呟怖
室内干しをしているシャツが、ぶらんと揺れる。
…あの服の中身は何処にやったっけ?
応える様にシャツがまたぶらん。
…ああ、幾ら頼んでも他の女の臭いをつけて帰ってくるから。
シャツが一瞬膨らんだ。
…中身は要らないってバラして捨てたんだっけ。
ぶらん、とシャツが力なく揺れる。 https://t.co/ANeQfDnkQW

#呟怖
真っ赤な螺旋階段をぐるぐると上へ下へと上り下りして出口を探しているのだが見つからない。そもそも何故此処に閉じ込められているのか。
嗚呼、海辺で逆巻きの紅い貝殻を拾って中身を覗き込んだりしなければ…。 https://t.co/aipagND1Ay

#呟怖
古びたバス停の壊れた椅子は誰が置いたのか解らない。あまりにもボロボロなので誰も使用せず、バス会社に連絡して処分を頼んでもいつの間にか元に戻っている。気味が悪いのでお祓いの相談をしていると『何もしてないのに』と溜息をつかれた。
確かに害は無い。だが気味が悪いのに変わりはない。 https://t.co/enlHoZqxBO

#呟怖
友人のいない私の話し相手は、幻想画家の描いた兎の紳士。額縁に納まった彼は何時でも私の悩みを受け止めてくれる。
「貴方が出て来てくれたらな…」と呟くと『愚痴のゴミ箱はうんざりした』と凶悪な顔になった兎の紳士が額を外して武器に変え振りかぶる動作に移った。
一寸待ってそれは無いわ! https://t.co/uj9kYEHAFP

#呟怖
森の奥にある怪しい洋館には幽霊が棲みその姿を見た者は呪われるというありがちな噂を聞きつけて訪う愚者は跡を絶たず私はこうして背後から忍び寄るモノとして待てばよいので食に困らず快適な暮らしを謳歌している、という手記を見つけた時には遅かった。
#一行怪談 https://t.co/oskDy7Wws5

#呟怖
「貴女本当に人間ですか?」
失礼な。
今度はお前を新しい被り物にしてやろう。

#呟怖
丑三つ時に怪談を書いた方が気分が出るかと思って深夜に筆を執った。気分は出たが筆は乗らず、上の部屋からかドンドンと何かを叩く音が聞こえる。こんな夜中に何だと思うが人の事は言えない。結局煩くて興が乗らずに就寝し、夜が明けて上階は空き室なのを思い出した。

@ahomaja #返怖 #呟怖
「振り向くな」の張り紙を見た瞬間に細い糸が発射され獲物に繋がり有無を言わせず此方へ引き寄せる。
#一行怪談

#呟怖
気が付くと間食しているので体重は増加の一方、切ない気分で腹肉を掴むと苦痛を訴える声がした。恐る恐る腹肉をかきわけると拉げた顔が恨みがましい目を向ける。矢鱈と食べる夢を見ると思ったら夜食を堪能してたのはお前かと人面瘡を思い切りよくギュギュッと絞る。
お前も痛いが私も痛いんだ!

#呟怖
独り暮らしでこのご時世。お家時間が増えるにつれてひとりごとを呟く時間も増える。今日もまた他愛ない事を呟いていると『話聞こうか?』と声がした。別れてストーカー化した元彼の声だ。
驚くよりも腹が立つ。
「まだ成仏してなかったの」
嗚呼嫌だ。未練がましくて鬱陶しいと塩をぶつける。 https://t.co/HG4wlgbFp0

#呟怖
ガチャポンコーナーにある、何が出て来るか判らない恐ガチャ。
こういう胡散臭いの大好きなので小銭を入れて回す。
…出て来ない。引っ掛かってるのか?と取り出し口を覗くと無数の小さな手がカプセルを掴んでる。
震えてると店員が一言。
「お客を揶揄うな」
…声…天井付近から聞こえるんだが。 https://t.co/7UOFpGrDaw

#呟怖
夕暮れ時、電信柱を見上げると電線を伝って行く何かが見えた。蛇に似た長細い紐?がぐるぐると電線に巻き付いて奥へ奥へと向かうのだ。子供心に良くないモノだと解り、誰にも言えなかったが。
「恨みの声だな」
目を眇めた父が呟いた。蛇に似たソレは呪詛の文字に変わり恨みを届けに闇へ消える。 https://t.co/WyFeXHZO8w

#呟怖
「これ、家族に聞いた怖い話なんだけど、聞きたい?」
「ウチの曽祖父は女好きでさ」
「妾が沢山いたから、相続で妾腹と揉めるぞって祖父は覚悟してたんだけど」
「妾の子は全員、曾祖父の子じゃなかった」
「勿論、正妻の曾祖母の子も」
「…遺産は正妻の曾祖母が全部相続したけどね」 https://t.co/71eYsWXjcR

#呟怖
そろそろ交代の時間なのに遅いなぁと巡回に出た警備員の同僚を待っていると、ドン!と扉に何かぶつかる音がして慌てて開けると下半身のみがジタバタと動いていて遠くの方から同僚の上半身が「遅れてスマン!慌ててこうなった!」と叫んでいるのだがどうすればいいんだ。
#一行怪談

#呟怖
彼女の爪は薄らと紫がかり罅割れの様な内包物を含んだエレスチャルクォーツ。よく再現したなと見惚れていると罅にそって小さな紅い塊が浮かぶ。レピドクロサイトと僕に説明してくれた。だが彼女と険悪になる人が消える度、爪の中で赤と黒の線と塊が増えていくのは何故だろう?

#呟怖 #実話
去年から自分ではどうしようもない事で仕事が巧くいかない。気休めにふらっと占って貰った。
…お馴染みの死神のカードが正位置で出た。(他にも色々)
『今は悪い運気の只中ですが来年2月に運が開けます』
現在、仕事関係はお察しである。
当たるも八卦当たらぬも八卦。

#呟怖
私の唇に紅を塗られると、躰の中から美しい女が現れる。
…よく似合うわ。次は衣装ね…。
丹念にひかれる紅は本当の私を塗り潰す。
…愛される娘におなり。
母は私を女らしく粧わせ、けれど育つ体は期待を容易く裏切る。
同性を愛する息子を認められぬ母はいつまでも『幻の女』を私の中に見る。 https://t.co/w2b4mjBNvM

#呟怖
年齢を重ねる毎に体も不具合を起こすのは仕方ないでしょう?
辛いのはもううんざりだ、と。
でしたらこの握り石は如何です?
不調を吸い取って体を軽くしてくれますよ。
ですが一つご注意を。
無理を通せば道理引っ込む。
体が軽くなりすぎてあら吃驚、中身が空になって昇天しちゃうかもしれません https://t.co/kfNCXN3YU9

#呟怖
デッサン用の石膏像が一纏めにされており、古びてはいるがまだ現役でいられそうなのに何故と問うと描かれている内に温和しく出来なくなり皆己が一番美しく見える角度しか取らぬので使い物にならぬのだと真顔で答えられ同時に胸像達が一斉に決めポーズを取った。
#一行怪談 https://t.co/Oj2eaIXg4B

@AtsushiOgita #呟怖 #返怖

光が強ければ闇もまた。
女は優しく包み込む。
女は淑やかに付き従う。
女はクルリと裏返る。
女は飲み込む全ての欲を。
女は従い支配する。
鬼が出るか蛇が出るか。
男次第と囁いて。
両面に咲く黄色い花は菩薩と夜叉を顕して何方も私と嘯き男に返歌を手向けるのだ。

有難う御座います

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる140文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。