呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる140文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。

参加メンバーはこちら

呟怖.ORGと参加について

⚠️グロ注意⚠️
⚠️キモい虫動画⚠️
#呟怖
#このお題で呟怖をください

この動画が既にキモ怖いですがそこから先にある怖いものがあれば呟怖を引用RTでお願いします https://t.co/I4KK8XmnJp

#このお題で呟怖をください
#呟怖

こちらの画像から連想されるものなら何でも結構です。

※引用RTでお願いします。
※このお題で作成されました呟怖はRTさせていただきますが、リプが下手なので感想やコメントは多分できません。

写真撮影:さいとういづみ https://t.co/qWKpGEBNwN

人形の顔赤くして何してるの?
「グロがモチーフのプリントTシャツ作ろうと思ってさ。その撮影」
そうなんだ。
私も同じことやろうと思ってた。

「そうなの?一緒に作る?ん?トンカチ?それ撮るの?え、あれ?ちょ」

ゴヂャッ

やりたかったのはテメーの顔を赤くする方だよ。

#呟怖 https://t.co/SXqtMx6T9I

産業用ロボットにAIを搭載してみたところ様々なことを要求してきた。
中には圧搾機やカッター、さすまたのようなアームを取り付けろという奇っ怪なものまである。

作業効率が上がるならと言われるがまま全機に取り付け、稼働を再開する。

工場はまたたく間に血の海と化した。

#呟怖 https://t.co/Kb6hL6dgR8

#このお題で呟怖をください
#呟怖

※引用RTでお願いします。
※呟怖はRTさせていただきますがリプが下手なので感想やコメントは多分できません。 https://t.co/qXkd6q6h1D

この先にある雑居ビルの壁に、何故か何人もが激突して死んでるらしい。
トンネルを歩きながら原因を考えていると突然平衡感覚を失った。

踏みとどまろうとするも体はふわっと宙に浮き、出口に向かって落ちていった。

目の前にビルの壁が迫ってくる。

ああ、これが原因だったのか

#呟怖 https://t.co/EHq7d7YxtX

『食卓に並べるは奇声』

空の食器が並ぶ食卓。

私は気まぐれに手元にあるハンドルをくるくると回す。

ハンドルの動きに合わせて向かいに座る男の頭に細いドリルが沈んでいく。

男はその度に文字に起こせない声を上げた。

この甘美な声はどんな料理や酒よりも美味く、私を酔わせてくれる。

#呟怖 https://t.co/uX4dA7NL6x

白く光る包丁を逆さにして柄を震える両手でしっかりと握る。
大きく息を吸って深く吐く。

未練はない

再度息を吸うと同時に包丁を勢いよく腹に突き立てる。

ヂクっとした強い痛みが襲うものの不思議と包丁が腹を通らない。
固く握った包丁を持ち上げると、刃は不思議とボロボロに錆びていた。
#呟怖 https://t.co/KoFcDWIyFI

#このお題で呟怖をください
#呟怖

呟怖のお題は自由です。

水中に紅く糸を垂らすハーブティー。
きれいですよね。

※引用RTでお願いします。
※呟怖いただきましたらRTさせていただきますがリプベタなので感想やコメントはできません。 https://t.co/luVFDfhemh

職場で物言いたげに僕を見つめる君。
僕はそんな君を無視する。

それでも君はずっと見つめ続ける。

帰りの電車でも
コンビニでも
アパートの玄関でも
風呂場でも
枕元でも

でも、君の命を奪ったのは僕だから。
僕は君を見ないフリする。

僕は、君に合わせる顔はない。

#呟怖 https://t.co/6XkG4ljJuP

昔この家で知らない女の子と知らない部屋で遊んだ記憶がある。

その記憶を母に話すと客間に連れて行かれ
「あなた幼い頃何度もこの人形の前に座ってずっと笑いながら『出して出して』って涙流してたのよ」

#呟怖 https://t.co/vXdet3zsiv

「拝啓、死に逝くアナタへ」
おすすめ動画を適当に開いたらこんな動画が流れた。
動画内の喪服姿の女は、両手に持った蛇腹の紙を広げ続けて書かれている文章を口にする。
その内容は、俺の人生の経緯ととても似ている。死因は、撲殺。後ろから?
背後で何かが空を切る音がした。
#呟怖 https://t.co/yP7u78WiBq

先月で9人よ。
井戸端会議が少し離れたここまで聞こえてくる。
各階に8室あるこのマンションで101から順番に、毎月17日の0時に住人が何かしらの理由で亡くなっている。
あと20分弱で17日。
このマンションの202に一人暮らしをしている俺は、

#呟怖 https://t.co/ohPVpFGgFM

「この度は」
ご愁傷様ですと喪主である友人の父と遺族に頭を下げる。

今朝、友人が自室で変死体となって見つかった。

「最期に、彼女の顔を?」とうかがう。

ええもちろん、とため息に似た声で喪主の横に並ぶ母親が棺の窓を開けて応えた

「といっても、もう、頭しかないんだけれど」

#呟怖 https://t.co/XiaMNr5BRP

夜中、のどが渇いて目が覚めた。

電気をつけるのも面倒だから真っ暗な家を手探りで歩いていく。

ゴッ

「ーっ!!」

鈍い音とともに右足の小指に激痛が走った。
なにかに指をぶつけたのか?

痛む指をかがんで押さえると

「いってぇな」

目の前の床に落ちている丸い影から声がした。

#呟怖 https://t.co/sQBETQBCBI

転校先の学校でクラスに馴染めなかった私に、たった一人だけ話しかけてくれた子がいた。
その子が突然学校に来なくなって数ヶ月経った頃、クラスの別の子から「前と違って話しかけやすくなったね。転校してきてからずっと独り言言ってて変な子なのかと思ってたよ」
#呟怖 https://t.co/8rj8J8yDFY

舌と歯を抜かれ腕と脚の腱を切られた。
肩の肉を削がれ肋骨をいくつも抜かれた。
男たる象徴ももうない。
油を差していない車椅子に乗せられた人形同然の俺は、同じく麻袋の動く人形とともにあてのない旅をしている。
この誰もいない世界を。
ただ軋む車輪と砂利を踏む音だけをさせて。
#呟怖 https://t.co/drkUT6C30X

ゴミしか入ってないだろとバカにしながら友人と3人で回してみると、案の定友人は車のおもちゃとナイフのキーホルダー。そして俺はUFOのおもちゃだった。

それから二日後。一人はひき逃げで死に、その二日後に一人は通り魔に刺殺された。

明後日、一体俺はだれにどうやって。

#呟怖 https://t.co/RMr8GFBn4t

ライフポイントカード?
知らないうちに変なカードがジャケットのポケットに入っていた。

ふざけてWAONにかざしてみるとどうやらチャージ可能らしい。
給料も入ったことだしせっかくだから満額チャージしてみた。

あれからもう何万年も経つが、未だに死ねないでいる。
#呟怖 https://t.co/gbDNXNeBcq

その、オレお前のこと好きなんだ。
「は?いやームリだわ。だって男同士じゃんw」
くそ、せっかく勇気出して告白したのに、なんで男同士だとダメなんだよ!

ん?あれ?
なんか胸像の向き変わってない?

大半が顔を背けるように頭の向きが変わっている中、一体だけこっちを凝視していた。
#呟怖 https://t.co/06AeuWHwaY

#このお題で呟怖をください
#呟怖

せっかく先日血まみれになれたので、こちらの画像で呟怖をお願いします。
無題です。
引用RTでお願いします。

画像撮影:さいとういづみ https://t.co/0ktU8qpFU6

昨晩の帰り道、公園の横を通っているとアジサイが無作為に群生している中で黒い影が立ったりしゃがんだりしている。
探しものかなと気にも留めなかったが、翌朝の通勤時にまた公園の横を通るとバラバラだったアジサイがキレイに整列していた。
地面を見るが掘り返した跡はどこにもなかった。

#呟怖 https://t.co/3eEyuxZZtG

全ての滋賀県民はすぐに県外へ退避して下さい。
との報があったのは、昭和158年8月3日の正午過ぎだった。
祖父の遺品整理をしているとこんなことが書かれたノートを見つけた。
滋賀ってどこだ?
僕は地理と日本史に詳しい方だけど過去も今も全日本73都道県領にこんな地名はなかったはず。
#呟怖 https://t.co/re88z1jlam

この娘か。
200年眠り続ける美女がいるという噂を聞きつけ足を運ぶと、たしかに廃屋で娘が独り眠っている。
その様子は今にも散りそうな可憐で華奢な花のよう。
あまりの美しさに私は思わず惹き込まれ、顔を寄せると娘と唇を重ねた。
するとグズグズという音を立て娘は枯れてしまった。
#呟怖 https://t.co/YtCj8k531r

素早い動きでパクっと小さな羽虫を食べたヤモリに目にも留まらぬ速さでバッと食らいついた野良猫に尋常じゃない勢いで掴みかかりグじュァッという聞いたこともない音を立てながら猫の腹を食いちぎった女と、今、網戸越しに目が合ってしまった。
それは中学校時代の初恋の相手だった。
#呟怖 https://t.co/15TTSXFgSe

「へーよく撮れてるじゃん」
友人に見せたこの写真は自信があったので評価されるのは素直に嬉しかった。
「それにしても道を埋め尽くすくらいたくさんの赤いワンピの人、よく集めたね。」
#呟怖 https://t.co/WwEhxyrTFM

幼い頃から住むここもすっかり景観の良い町になった。
電線も今では地中を這っている。
「ゴチャついた空も好きだったな」
と独り呟きながら空を見上げると、頭上には伸びた電柱の間を電線が張っていた。
呆気にとられながら瞬きをすると電線は消え、見上げた先には夕焼け空だけが広がっていた。
#呟怖 https://t.co/YCL09UkFJE

ある休日、単独登山に初挑戦した。
順調に登り進め竹林を抜けようかという瞬間、クラクションの音と同時にものすごい衝撃を感じて私は意識を失った。
気がつくとそこは病院で、聞けば私は国道で両手いっぱいに竹の葉を抱えて走行中のトラックの前に飛び出したらしい。
それ以降登山はしてない。
#呟怖 https://t.co/Ko5ObrQwQo

ねえ、あの呪いのベンチでまた変死体が見つかったんだって。
もう4人目らしいよ?
そうなの。
今回も横にある木のそばのベンチを睨んで、何かから逃げるみたいな格好で死んでたんだって。

#呟怖 https://t.co/NQo6QOHgWe

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる140文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。