呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる140文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。

参加メンバーはこちら

呟怖.ORGと参加について

スーパー銭湯ができた。
豪華で値段も安く使いやすい。サウナ好きなO氏は入りに行った。大満足した。
ふいに感じる寒気や違和感を除いて…
ある日店に向かうと閉店していた。頭の中に声が響いてきた。
「焼き場の跡地にあんな物を立ておって…」
開店を待っていた老人の体が焼け落ちていった。
#呟怖

夕立の中人々は傘がなくて雨がしのげる場所を目指して走っていく。
サラリーマン、学生…。その中に一人だけ降ってくる雨を顔を上に向けて受け止める少女がいた。
しばらくして満足したのか、持っていた傘をさして歩き去っていく。
そして彼女の歩いたあとからは奇麗な晴れ間が広がっていった。
#呟怖 https://t.co/3W49T4mpth

サウナは気持ちいい。整う瞬間がたまらないのだ。
その日も銭湯に向かう。
個人経営で、店主とはすっかり顔馴染み。
「おお!今日は1番だね。サウナ使えるよ。」「ありがとうございます」
体を洗って湯船に浸かりサウナに入ろうとした時…部屋の中には黒い人型がたくさんいることに気づいた。
#呟怖

怪談仲間の天泣白雨さん @kaidan_hitoyo が始められた呟怖チャンネルに、投稿第一号としてこーたろが提供した呟怖が掲載されました!
ツイッターには投稿しておりませんので、是非とも皆様足をお運びください!

天泣白雨の百彼岸〖呟怖〗
https://t.co/crvQqb6faE

#呟怖
#拡散希望
#天泣白雨

歩道橋
私がまだ車を運転していた頃、深夜に煙草を更かしながら運転していた。オーディオからは音楽が流れ周りの風景が過ぎていく。
その時、歩道橋が見えてきた。夜中なので見るところといえば信号だけだが、そこには橋の上に大勢の子供が1列に並んでいた。
#呟怖 https://t.co/kJe7WZ9qmx

「拝啓、死に逝くアナタへ」
あらあら。死に際まで大勢の方に囲まれて人気者ですね。
貴方は今まで暴利で金を貸し人の命を奪ってきました。
あの世に行ったら貴方から金を借りた人々にたくさん可愛がってもらってください。
さあ…もうすぐです…

#呟怖 https://t.co/qNkVMqzizR

ホラー漫画を読んでいた。 
グロテスクな部分もあるが涼を取るにはちょうど良い。
ある回では最後主人公の首が斬られ、首の目が読者と合う場面で終わっていた。
それを読んだ晩だった。夢で首をはねられ、自身の視線が空を見上げたのは…
闇が広がり、私は空に次の顔が映るのを待っている。
#呟怖

夕焼けの空。
子供たちは早々に遊びから帰り、大人も家路に急ぐ。
年に一回8月1日この日だけはみんな夕刻以降家から出てはいけないのだ。
出たら真っ赤な夕焼けの如き炎に焼かれ、その人生終えるだろう。
…ほら、今年も炎に包まれ命を落とす人の声が聞こえる。
さて…私にもその時が来たようだ
#呟怖 https://t.co/rpEhTydhDV

実家の猫が死んだ。
小学生の頃に野良だった所を拾ったのだ。とても可愛いやつだった。
ある日、家で猫の鳴き声がする。どうも何もない廊下の真ん中で声がしている。
自分でも不思議だが、自然とスマホに手が伸びその空間を撮影した。
写真には顔がドアップに写っているかつての愛猫がいた。
#呟怖

愛猫が死んだ。
仕事が手につかない程落ち込んだ。
そんな中、愛猫の散歩に来ていた公園に行った時女性から声をかけられた。美人で猛アタックの末付き合う事になった。
不思議な事に彼女といると懐かしい飼い猫の香りがする。
寝ている彼女の顔をカメラで撮ると…その顔はかつての飼い猫だった。
#呟怖 https://t.co/a27IH9Q64H

出張時、田舎で古い給水塔のようなものを見た。建造物が好きなので思わず写真を撮った。 
フォルダを開いてみると、上に誰かが乗っている。子供くらいの大きさの男性だ。
その日以降、家の鏡や会社の窓ガラス、旅行先の写真にまでどこまで付いて来る。
追いつかれた時、俺はどうなるのだろう。
#呟怖 https://t.co/VutoXUEZlG

カクヨム更新しました!
よろしくお願いしますm(_ _)m

140字以内の恐怖…呟怖集
https://t.co/dwujtQuyRn

#怪談
#呟怖
#連想
#短編
#創作
#カクヨム
#拡散希望
#語り手が書く話

苦痛の少ない自殺方法。地面から膝くらいの高さに縄をセットしそこに首を通してうつ伏せになると少し苦しいだけで逝けるらしい。
友人に冗談半分で教えた。
公園で首吊りがあったとの記事が出た。
何でも吊った方法が珍しいものらしい。
その時耳元でうめき声が聞こえた。
「騙しやがったな…」

#呟怖 https://t.co/fYVEC2n3bC

カクヨムにも投稿始めました
https://t.co/v765Jw5lzr

#カクヨム #呟怖 #拡散希望 #怪談 #怪奇談話 #創作

その昔ここは治水が大変困難な場所でございました。
大名が指揮し民が何度も整備しましたが…結果は変わらず。
ある時こんな提案が上がりました。人柱を立てようと…
そう。私がその最初の一人でございます。
それ以来、私は人柱として捧げられた魂をあの世に繋いでいるのです。
#呟怖
#湖の神 https://t.co/VTPPvq0xzv

クローゼットを半開きにする癖がある。
夜中寝ていると、耳元で読経のようなものが聴こえて気味が悪いが特に害はない。そういえばこの間配信をしている時にコメント欄で「後ろ!後ろ!」とか「早よ逃げて(汗)」来ている。
翌朝クローゼットを見ると、中には見覚えのない御札が一枚落ちていた。

#呟怖

クローゼットを半開きにする癖がある。なぜか最近夜中寝ていると、ベッドの脇に誰かの気配がする。
ある日スマホで友達とゲームをしながらパソコンでビデオ通話をしていた。
敵を攻略していると「おい…、お前後ろ…!」
不審に思い画面を見ると、半開きのクローゼットから女の顔が覗いていた…

#呟怖

息子が塗り絵を始めた。ハマっているようで、いろんなものを塗っている。
ある時少女の絵を塗っていた。とても綺麗な
記念に飾っておいた。
家の中に女の子の歌声が聞こえる。子どもは息子しかいないはずだが…?
様子を見に行くと、少女の絵が大きな口を開けて歌っているのが見えた。

#呟怖
#塗り絵 https://t.co/eSp928vryV

カクヨム更新しました!
よろしくお願いしますm(_ _)m

140字以内の恐怖…呟怖集  - カクヨム https://t.co/dwujtQuyRn

#呟怖
#拡散希望
#こーたろ怪談
#140次以内の恐怖

イルミネーションを見に行ったとき、ビルの敷地に飾ってあるツリーが目に入った。電飾が付いており、それはそれは綺麗なものだ。
横に警備員が立っていた。しかし、半透明なのだ。頭の中にある光景が浮かんだ。暴漢に立ち向かって刺されてしまう彼の姿だ。
彼は今も勤めを果たしているのだ。

#呟怖 https://t.co/pklIkPMLum

古着屋で柄物のワイシャツを買った。他の洋服とも合わせやすいし、なかなか気に入っている。
朝鏡の前でこれを着て上着をあわせていると…鏡の中から男がこちらを見て笑みを浮かべている。
彼の手が首に伸びてきて締め上げられた。
気がつくと私は倒れており首には紫の手の跡が付いていた。

#呟怖 https://t.co/mUlQf4wn13

カクヨム始めました。
投稿した呟怖やオリジナル怪談を投稿しております。

こーたろ怪談のカクヨム
https://t.co/v765Jw5lzr

#拡散希望
#カクヨム
#呟怖
#オリジナル怪談
#こーたろ怪談
#創作活動

俺が街を歩いていると飛び降りがあって女性が落ちた。
落ちる寸前の彼女と目があった。スーツを着ているが、顔は童顔。
「うわ…」
帰宅し洗面所へ行く。
うがいをして顔を鏡に戻した瞬間。中からさっきの女性がこちらを見てこう言った。
「貴方も行こう」
その夜、俺は屋上から飛び降りていた。
#呟怖 https://t.co/js96Xr83GK

今年もこの季節が来ましたか…。
私の旅館ではね、昔家族連れが泊まりに来たとき運が悪いことに子どもが熱を出して亡くなってしまったんだわ。奥さんも旦那さんもそれはそれはかなしんでねぇ…。
でもね、その年から何故か梅雨の季節になると廊下に小さな足跡がつくんですよ。

#呟怖 https://t.co/K9Xh94DX3b

この椅子はもう使えんねぇ…
祖母が淋しげにつぶやく。
聞くと子供の頃、父親が作ってくれたものだという。
粗大ごみとして連絡しようとしてたやさき、祖母が急死した。納骨まで終わり、一息ついてると庭先においてあったあの椅子に祖母が腰掛けていた。
彼女の顔はとても穏やかであった。

#呟怖 https://t.co/18SrG5jfcZ

カクヨム更新しました! 
呟怖集に新作追加です
よろしくお願いしますm(_ _)m

140字以内の恐怖…呟怖集 
https://t.co/dwujtQuyRn

#拡散希望
#こーたろ怪談
#呟怖
#カクヨム
#1ツイートで綴る恐怖の世界
#創作
#ひらめき怪談

カクヨム投稿始めました。
呟怖や怪奇談話を投稿しています。
お時間あるときにどうぞご覧下さい

こーたろ怪談のカクヨム
https://t.co/aKO9O7IbYA

#カクヨム #呟怖 #怪談 #ひらめき #拡散希望

一人の子供が曇天の中道を歩き、ふと空を見上げて見上げると雲の切れ目から日が差していた。
その時目の前を一反木綿のような雲が飛んでいき、好奇心からそれを追い掛けて行った。
その日から彼の姿を見たものは一人もいなかった。
これを見た貴方、不思議なものにはどうかお気をつけて…
#呟怖 https://t.co/2kp1f8udri

カクヨム始めました!

オリジナルの怪奇談話や呟怖を投稿しております。
文字ベースで楽しみたい方は
どうぞおこしください。

 140字以内の恐怖…呟怖集
https://t.co/dwujtQuyRn

怪奇談話【悲しいなぁ】
https://t.co/Y9dX1kIj9h

#拡散希望
#カクヨム
#ホラー
#こーたろ怪談
#呟怖

俺は酒飲みだった…あれを見るまでは。
数年前、飲み会のあと酔を覚ましながら家までの道のりを歩いていた。
ふいに空き家を見た。
そして目を疑った。
家の周りを囲む墓地から白い塊が数体空き家に飛んでいき窓には明かりが灯ったのだ…
いったい何者が住んでいるのだろうか…

#呟怖 https://t.co/t129Uz8uke

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる140文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。