呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる140文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。

参加メンバーはこちら

呟怖.ORGと参加について

#呟怖 #朗読 #怖い話

https://t.co/SxslMwKUEL

スイカ羊様(@suika_sheep)の呟怖を読ませていただきました。

人形に憑いていたのか…それとも、彷徨いていたのか……呼び寄せたのか。

あなたにだけ見えるものはありますか https://t.co/AeXtnT2kRh

「庭にね、ブランコがあったの」
老人ホームに入居して6年になる江沢さんが、最近思い出した様に昔の事を話す様になった。
「弟達がね、喜ぶから…沢山、背中を押してあげたのよ」

江沢さんの遺品の中に遺された実家のブランコの写真を見て、私は驚愕した。
#意味怖 #呟怖 https://t.co/xuUw45r81E

彼女のね、薄ら笑う笑顔が好きだったんですよ。佳人薄命っていうのかな。そんな言葉がピッタリとくる様な女性でしてね。ホームの反対側からね、ただ、ぼんやり眺めているだけで幸せだったんですよ。

彼女に突き落とされてからも、ずっと。

#呟怖 https://t.co/in4BNbeZHs

『白いタオルに血を数滴たらしたら、生贄になぁれ!と唱えてナイフでタオルを滅多刺し♬すると呪い兎が憎い相手を呪い殺してくれるよ♪』

アリスと名乗る女子中学生が、いじめっ子達を惨殺した。酷い暴力で精神的苦痛に耐えきれなかった彼女の頭髪は真っ白になり、まるで白兎の様だったと云う #呟怖 https://t.co/FcEHSd2lTa

目、鼻、口、耳、脚、脳…

噂のガチャを回しに行った。なんて事はない。ただ、プラスチックで出来た体のパーツが入っているだけだった。

(好きなものと交換できます…?)
試しに、ケースの中に入っていたQRコードを読み取ってみた。

「…それで?お前は一体、何人のパーツと入れ替えたんだ?」#呟怖 https://t.co/QuaXCBNypV

娘が、口をきかなくなった。町中の医者を駆け回ったが、原因が分からないと云う。ある日、娘のお気に入りのクマの人形の中から録音テープが出てきた。そこには聞くにも堪え難い娘と夫の…いや、獣の交わう声が録音されていた。「…また、子供を作らなきゃ」#呟怖 #人怖 https://t.co/ZJ72Ruie6P

深夜1時。家の近くにある古い駐輪場に赤いワンピースの女が佇んでいた。暗くて顔はよく見えないが、ゆらり、ゆらりと揺れながら近づいてくる。ふと蛙を踏み潰した様な生臭さが漂った。

数日後、駐輪場近くのドブから顔の剥がれた女の死体が発見された。衣服は血で真っ赤に染まっていたと云う。 #呟怖 https://t.co/1zxL2u0GNh

月浦影ノ介様の作品を読ませていただきました。とあるビルの待合室にいるんだけども、月浦さんの作品を目にした瞬間、読ませて頂きたいと思いました。
#どこでも怪談
#呟怖
たまたま隣にいた人がこんな話をしてきたら…って感じで聞いて頂けると幸いです。 https://t.co/mS2JHKqMjm https://t.co/RCfTudWrxS

心理学の先生から聞いた話。傘を地面に引き摺って歩いている人には気をつけて。怒りや不満をコントロール出来ない人だから。「誰かに当たる事でしか鬱憤を晴らせないの」そう言ってガソリンに火をつけた。死者28名。先生の遺影に手を合わせる。先生の傘は石突きが半分に削れていた。 #呟怖 https://t.co/aLvyxtaeNM

何気なく校舎を見上げた友達が悲鳴を上げた。

「…トルソーじゃん!」
怖がっている友達の気持ちを逸らそうと、大袈裟に明るく振る舞った。その晩、友達は変死した。トルソーの様に首と鼠蹊部から下をチェーンソーで切り取られて。

やっぱりトルソーは生身の人間に限る。

#呟怖 https://t.co/ireLQbWoqH

駅のアナウンスが大好きな息子が、ある日突然怖がるようになった。お風呂場でエコーをかけながら『立ち止まらないでくだサ〜イ』ってモノマネするの大好きだったじゃないって声をかけると、息子は蒼白な顔で「…だって血だらけのおねえちゃんが立ち止まらないでって線路の中から言うんだもん」 #呟怖

毎日、インターホンを無言で押し続ける奴がいる。しかも夜1時だ。一体何がしたいのだろうとドアスコープを覗くとヌッ……と指が目頭から鼻腔を突いた。ズズズッと音がして脳を吸い出された私は記憶を吸われた。毎日、インターホンを無言で押し続ける奴がいる…… #呟怖 https://t.co/zBfIfIe6pW

螺旋階段をひたすら登り続けていると上から呼ぶ声がした。見上げるとチョコレートのように砕けた顔の自分が見下ろしている。「ギャッ!」と声が聞こえ下を覗くと見上げている自分と目があった。その瞬間、ふつふつと激痛が走った。「…にげろ」思わず自分の名を呼んだ。 #呟怖 https://t.co/3xrRrKR6iV

父が死んだ。煙突から奇妙な色の煙が立ち昇り見知らぬ女の鼻腔へ入っていった。6年後、父にそっくりな目をした男の子が母を殺した。鮮血で濡れた掌を眺めて小さな子はクスリと笑う。「やっと死んだ」と。 #呟怖 https://t.co/tsgxQO9uoY

東京都のとある場所に人形供養をしている御宅があった。個人的に請け負ってくれると訳ありの人達の間で口コミが囁かれた。1999年の夏、とある依頼者が行方不明になった。夫の不倫相手から送られてきた人形を供養をしたところ、炎の中で物凄い断末魔をあげたという。 #実話怪談 #呟怖

妙齢の婦人に見てほしいものがあると窓の閉ざされた邸宅へ案内された。黴臭さに混じるドライフラワーの香り。ムギワラギクの饐えた香りに混じり鉄臭さが鼻をついた。硫黄色のカーテンの先に男の肢体が艶かしく転がっている。私は彼女の愛を受け入れた。いつか誰かがまた私の首と対面するのだろう #呟怖

通販で『願い事が叶うTV』を手に入れた。ワクワクしながらリモコンを操作してみたが、別段変わったところはない。画面に悲鳴をあげながら顔を剥がされる女の姿が映し出されただけだ。すると寝室から妻の悲鳴が聞こえてきた。グロテスクな妻が見ていたTVには顔を剥がされる男が映っていた。 #呟怖 https://t.co/bhrMCyPZ2M

雨の中、歩いているとコツコツという革靴の底がアスファルトに擦れるリズムから少し遅れて砂利を踏み締める音がする。無論、振り返っても誰もいないのだが、ふと視線を落とした水溜りを見て驚愕した。酷く火傷を負った赤黒い顔をした男が背後に立っていたのだ。ソレは雨の日にしか現れないという #呟怖

無表情で能面の様な女だった。ぽそり、ぽそりと呟きながら何かをへし折っている。……鶏の骨だ、と思った瞬間、くるりと女が振り返った。墨汁の様に染まった唇の合間から小枝の様な指がぼろぼろと落ちた。女はニタリと笑うと「…オイシイ?」と訊いてきた。気がつくと私は女を食べていた。 #呟怖

彼岸花には、亡くなった人をあの世へ送る役目があると祖母から聞いたことがある。「何事にも役目があるのよ」朱色は故人を、白色はあの世の人がこの世の人の未練を断つ為に祈りを込めて咲いていると祖母は言った。僕にはずっと彼岸花が朱く視える。 #呟怖 https://twitter.com/moon04cat/status/1302501071709822978 

深夜2時08分。毎日、女性のつんざく様な叫び声で起こされる。どうやら壁の中から聞こえてくる様だ。「…ぼそぼそ」え?何?後?振り返ると男が鉈を振り下ろした。気がつくと壁の中にいた。誰かがベッドに潜り込むのが見える。深夜2時08分。私は必死に自分の名前を呼んだ。 #呟怖 https://twitter.com/5000004xxx/status/1301198557488115713 

影には魂が宿ると云う。呪いたい相手の影を踏みながら『剥がれろ』と三回念じ、スゥッとその影を食べるつもりで口から息を吸う。するとたちまち相手は病気になったり別れたりと不幸が訪れると云う。「例え影でも消化不良起こしそうな悪い奴の魂は喰えないけどね」顔の爛れた男が警告してくれた #呟怖

小学生の頃、授業で『かげおくり』をする事になった。クラスメイト48人、みんなで手を繋いで空を見上げた。真っ青な雲ひとつない空に残像が見えた。夏休みが開けた9月、Mちゃんのママから手紙が来た。『病院で、みんながかげおくりをするのがみえました』Mちゃんはその日、息を引き取った。 #呟怖

い草とカビの入り交じった香りのする部屋で、ぼんやり海を眺めているとスッ…と襖が開き、見知らぬ男が入ってきた。男は目を見開いて俺を凝視している。翌日、心霊スポットである廃墟の旅館で首吊り死体が見つかった。犯人は俺を殺した男だ。今日も見知らぬ男と二人、新たな来客を待っている。 #呟怖 https://twitter.com/kwaidanbattle/status/1294092843191898112 

親指がね…チクチク痛むんですよ。針で内側から突っつかれてるような…トゲでも刺さったかな?と思って虫眼鏡を覗いたらね、目からぽろぽろ白い蟲が湧いてきましてね…皮膚を突き抜けていくんですわ。あ、言ってませんでしたっけね?わたし、もう死んでるんですわ。 #呟怖 #聞いたら死ぬと言われた話

最初は洗剤の洗い残しか何かだと思った。

それが洗面所でも、キッチンでも、お風呂場でも、水を出すたびに湧いてくる。

ぷつ
ぷつ
ぷつ、と

今は身体中に住んでいる。#呟怖 https://twitter.com/tokucha_ladio/status/1295959270924533760 

共鳴巌という絶景スポットに撮影しに行ったのは昨年の9月の事。その年は例年に無く水害に見舞われた年だった。仕舞い込んでいたフィルムを確認すると昨年には映り込んでいなかったものがハッキリと視える。以来、水を見ると『おいで』と誘われる。 #呟怖 https://twitter.com/kwaidanbattle/status/1298648752639508480 

『呼び声』

学校の帰り道、セミの声が背後から聞こえてきた。『シシシシシーシー』と鳴くクマゼミの声。やけに耳元で聞こえるなと振り向くと、肩に女の指が四本。ナラ色の顔の女が、覗き込む様に肩にしがみついていた。 #呟怖

埼玉県某所で聞いた話。その地域では水子の霊を慰める為にコケシを供える風習があったらしい。『あの世で寂しくない様に』という事らしいのだが、ごく稀にコケシが動く事があるのだという。あまりにも残された者の思いが強いとまわりのよくない霊を集めるのだという。 #呟怖 #呟コラhttps://twitter.com/mad8068/status/1289579077611843584 

オーラが視える友人曰く、怒りや恨みを抱えている人のオーラは中心がドス黒く周りが赤いのだと云う。

「そうか、ならばお前も気を付けろよ」

お前の住んでいる地域は真っ赤だ。

その後、その地域で殺人事件が頻繁したと云う。

#呟怖 #実話怪談

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる140文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。