呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる136文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。

参加メンバーはこちら

呟怖.ORGと参加について

「なんだ、その顔は! 俺に文句があるのか?
折角殺してやったのに、なんの不満があるんだ!
その顔止めろ! また絞め殺すぞ!
それともなにか、殴り殺されたいのか!」

隣りの部屋から怒鳴り声が聞こえるんだが。
警察を呼ぶべきか救急車を呼ぶべきか、それが問題だ。

#呟怖 #140字小説

女性が暗がりで泣いていたので思わず声をかけた。
『私の足、業務用なんです』
業務用?
足を見たら、なかった。
『本当はあるのに。
幽霊だから業務用の足をつけろだなんて……』
泣きながら女性は消えた。

次の日、女性に会った場所に赤いパンプスを供えた。
女性の笑顔が風に浮かんだ

#呟怖

実家の近くに塚がある。
その塚が有名な人物の墓である可能性があり、
考古学を専攻していた僕は、
学術的発掘調査に参加して塚に入った。
美しい壁画が広がっている。
僕は歩こうとして、身動きが取れないことに気付いた。
どうやら僕は。
壁に取り込まれ、壁画の一部になったようだ。

#呟怖

コンビニへ行く途中に、
『夜間振り返ってはいけない橋』がある。

夜、ビールをコンビニへ買いに行った。
帰りに歩いていると声を掛けられ、振り向いた。

あ、橋の上だ。

そう思ったが変化はない。
部屋に戻ると、女がいて、子供が騒いでいる。

女も子供も、僕も。
足がなかった。

#呟怖

僕は書道をしている。
相当古い臨書の本を貰ったので、
じっくりと頁をめくっていたら、
初めて見る書体で何か書かれていた。
朱の入った五文字を真似て、条幅に墨書した。
書き終えた途端に文字が浮き上がり、僕の目の前で蠢く。

蠢く文字は僕の体を貫き血を啜り龍となって天へ翔けた。

#呟怖

昔、山奥の一軒家を武将が訪れた。
家の男は酒を出した。が、肴がない。
男は妻を殺し、焼いて武将に差し出した。
武将は有難く思った。
翌日、人肉だと知った武将は激怒し、
男を殺した。
後日、その場所に神社を建立した。

だからこの神社に酒はお供えしてはいけないんだよ。

#呟怖

ゲームをやってみた。
質問にYes/Noで答えていくと、
考えている人物を当ててくれる、
というヤツだ。

俺の名前でやってみたら、
すぐに当てられた。
何度やってみても、当てられる。

俺は自分の名前を検索してみた。

指名手配?

ああ。
先週、彼女、殺ったっけ。

#呟怖

夜中になると『ケタケタ』と笑いだす人形
というのを買ってみた

夜中になって
確かに『ケタケタ』と笑い声がするので
人形の背中を開いて
電池を抜いて配線を切って放り投げた

すると
背中に切り裂く様な痛みが走った

振り返ると
人形が俺の背骨を引きずり出して
笑っていた

#呟怖

幼い頃に住んでいた村の神社は
『声を出してはならない』
という決まりがあり
一対の狛犬は両方とも吽形だった

縁日の日だけは賑わっていたが
僕はある事に気付いた

狛犬が目隠しされていたのだ

目隠しが風で外れた
――声を出していた人が石に変わった

目隠しを僕は直した
――元に戻った

#呟怖

この神社の奉納舞は昔から
男役は女性が
女役は男性が
演じる決まりである

ところが
主人公の女役を演じる男性が骨折して
舞台に立てなくなった

仕方がないので
代役として女性が演じる事になった

奉納舞の最中

女役の女性の白足袋が
紅い裾から覗いた

その時

雷が女性に落ちた

#呟怖

妻が死んでから
葉巻を吸うようになった

娘の海外土産で
長らく飾られていたものだった

吐き出す煙は
何時も
何処とはなしに

妻に似ている

煙に向かって
今日も微笑む

――すぐにいくよ

煙も微笑む

――待っているわ

#呟怖 煙

#怖くない呟き
#詩

子供の頃
近くの雑木林で
かくれんぼをして
よく遊んだ

ひと際大きい樹の洞には
誰かが何時も隠れていた

大人になって
久し振りに地元に帰ってきて
懐かしくなって
かくれんぼをしていた樹を
見に行った

樹の洞を覗くと
頭をグイっと引っ張られ
体が中に吸い込まれた

『見ぃつけた』

#呟怖

覗かずの井戸というのがある

その井戸を一度覗くと
十年後の自分の姿が映り
再び覗くと
あの世での自分の姿が映るらしい

俺はその井戸を覗いてみた

何も映ってないじゃないか

……

母が泣いている

『ほんまにアホや、この子は。
覗かずの井戸、覗いて、
落ちて、
溺れ死ぬやなんて』

#呟怖

地質学者を目指している彼女に付き合って
俺は山に登った

山頂近くで
彼女は聳える崖の地層の写真を撮り
谷を挟んで向かい側の地層の写真を撮ろうと
身を乗り出した

危ない!

そう思った時には
俺の体が谷に吸い込まれていた

嗤う彼女

彼女に寄り添う
地学の教授

去年亡くなった筈の……

#呟怖

近所の山の天辺に
『天狗が出る』
と噂されている神社がある

深夜に独り
僕は行ってみた

急な石段を登ると
御神木らしき大きな樹の辺りを
一本歯の高下駄が
物凄い速さで駆け抜けた

鋭い眼光

体中を焼け火箸で貫かれたような感覚

吐血

腕時計の時刻は『丑三つ時』……

#呟怖

寝室の大きい水槽に
僕は金魚を飼っている

ある日
彼女が晩御飯を作って待っていてくれた

「魚三枚におろすの、大変だったんだから」

そう言われても
何処に魚が入っているのか判らない

食べ終えて
彼女が洗い物をしている時
寝室に読みかけの本を取りに行ったら

空っぽの、水槽

#呟怖

夢を見た。

朝、俺は何時もの様に鏡に向かって髭を剃る。
鏡に映る額から血が溢れてきた。

目が覚めた俺は慌てて鏡に向かい、ほっとする。

身支度をして部屋を出た。

信号待ちの交差点。
車が突っ込んできた。
俺はショーウインドーに飛ばされた。

そして、額から、血…。

#呟怖 タグ変更

僕の頬が何かで濡れた様な気がした
僕はうっすらと目を開けた

彼女が泣いている
肩を震わせ
言葉にならない声を漏らして

彼女の背中越しに
横たわっている僕を

#詩人の本懐 「刺激」 #呟怖

家を新築するにあたって、妻が言った。
『趣味の為の蔵を作って』

俺は望み通りにした。

或る日、家の前にパトカーが止まっていた。
ポカンとしていると警察官が。

『旦那さん、よかったですね』

と、蔵から運び出された植物を差して。

『トリカブトですよ』

#呟怖

占い師に手相を見てもらった。
「お代はいらないから」
と5万円もくれた。

友達に電話したら、
「ヤバいよ、お祓いしないと」

深夜、私は神社の賽銭箱に貰ったお金を入れた。
『悪い事が起きませんように』

占い師が急死したとニュースで知ったのは二日後。

それが、私の、……。

#呟怖

友人に『これ、シミに効くよ!』と
スプレー式の化粧水を押し付けられた。
試してみたら、翌朝ビックリ。
本当にシミが消えていた。
『脂肪に効くスプレーもあるよ』と言われ、
私は飛びついた。
翌朝、ウエスト6cmもサイズダウン。

私は寝ている旦那の全身にみっちりスプレーした。

#呟怖

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる136文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。