呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる136文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。

参加メンバーはこちら

呟怖.ORGと参加について

#呟怖 ( #返怖 可)

疫病の影響で長期休みが続き、今年の子供らは夏休み返上で埋め合わせの授業をやるらしい

助かった・・・

去年の夏休み

タペストリーに付けられた幾つものセミの抜け殻

流し台に置かれたナイロン袋入りの大量のカブトムシの幼虫

ズボンのポケットからはダンゴムシの大群・・・

#呟怖 ( #返怖 可)

子供を作らない男が居た

「何故、子供を作らないの?
子供、可愛いじゃん」

そう訊いた

「復讐したい奴が居たら、そいつの子供から狙うんだよ」

だから子供は作らないらしい

#呟怖 ( #返怖 可)

ある絵の展覧会に

物凄く心を掴まれた作品があった

白、黒、黒地に白の水玉の三つの世界が並んでいた

その世界を破って腕が伸びている絵なのだ

「作者は『三層の世界で完成させた筈なのだが、手が伸びて来たんだ』と言ってまして」

その手は毎晩、私の夢に出て来る様になったhttps://twitter.com/katashiro12/status/1264422352034476032 

#呟怖 ( #返怖 可)

「今日は初めてのデート記念日よ」

妻の記憶力は抜群だと思っている

メモリアルなイベントの日は忘れない

妻のスマホのカレンダーが目に入った

名前とドクロマークが沢山付いていた

「成功!」の字も

安物の人形を買って来ては無くしている

その理由が何となく解(わか)った

#呟怖 ( #返怖 可)

「死体蹴りはやるもんじゃ無いって言うじゃん?」

「うん」

「でも、どうしてもやりたくなって、大きな災害の時にどさくさに紛れて蹴った事があるんだわ」

「うわ」

「アレはやっぱやるもんじゃ無いね、その日から俺、毎晩うなされているんだ」

#呟怖 ( #返怖 可)

友達だと思って「よう!」と後ろから肩を叩いたら、全然違う人だったのに、そいつがみるみる友達の顔になって「よう!」って返された時の話する?

#呟怖 ( #返怖 可)

土砂降りの雨の日は町内のサイレンが良くかかる

雨音と雨足で避難するか決める

小雨なのにサイレンが鳴る事がある

昨晩もそうだった

変だなと思って窓を開けた

白い肌で頭と口と目の凄く大きな女がサイレンに似た声を出していた

ウゥゥゥゥゥ〜と吠えながら闇に溶けていった

#呟怖 ( #返怖 可)

ショッピングモールで女の子が駄々をこねている

「やぁだぁ〜、私も母さんみたいな尖った耳が欲しいのぉ〜」

慌てて口を塞ぐ母親

普通の人の耳だ、尖ってない

塞いだ口から更に声が

「尻尾も欲しいのぉ〜」

父らしき人が現れ、親子は去って行った

僅かに獣の残り香を感じた

#呟怖 ( #返怖 可)

おばあちゃんの愛用のハリセン

両面に般若心経が書き込んである

座禅の時の警策(きょうさく)の様にバシンと叩いて憑いてる霊を追い払う

神社で霊力を入れて貰う

お経だから寺じゃないのか?

何故に神社?

そんないい加減でいいの?

だが、めちゃめちゃ効くらしい

#呟怖 ( #返怖 可)

ラジオが超巨大隕石落下のニュースを語っている

二、三日後に太平洋上に落ちるらしい

まだ彼らは生きていて

軌道の計算や放送を自分達の義務として続けている

人が人を食う奇病に世界が滅んでいる最中(さなか)

神は救いの石を投げられたのだ

奴ら諸共浄化するために・・・

#呟怖 ( #返怖 可)

とある廃虚に忍び込み、服を着せた女のマネキンを吊るした

数日後には幽霊の噂が立って来たので満足してマネキンを片付けようとした

マネキンが無かった

吊るしていた紐も無かった

吊るしていた所から裸足の足跡が付いていた

吊るしていた部屋の窓まで足跡が続いている・・・https://twitter.com/kwaidanbattle/status/1263588063080443911 

#呟怖 ( #返怖 可)

「霊の声が聞こえたら録音してみるといい」

友達は科学オタクだが幽霊の話も好きだ

彼によると霊の声は二種類ある

「空気を振動させる声なら録音出来る筈なんだよ」

「じゃ、録音出来て無かったら?」

「肉体からの振動で音が伝わっている筈だから、霊に取り憑かれているよ」

#呟怖 ( #返怖 可)
#キスの日

「オオサンショウウオみたいに目の離れた化け物が来るんだ」

知人が毎夜の悪夢に悩んでいる

「キスしようとするんだ」

欲求が溜まってるんじゃね?と返す

数日後に地震があり、歩いていた彼の頭にビル看板が直撃

頭を潰した大きな黒い看板のネジが離れた目に見えたhttp://pic.twitter.com/RSUkmqTgaN

#呟怖 ( #返怖 可)

目玉焼きを焼いてる自分の幻を見た

その3分後に目玉焼きを焼いた

少し未来の自分が幻で現れる事がある

その通りになぞってる

だけど、交差点で車にはねられる幻を見たときは強い意志で踏み止まった

鼻先を自動車が通った

それから何故か自動車が私を襲うように接近してくる

#呟怖 ( #返怖 可)

「ママ、狂うってどうなるの?」

「私が知ってる狂い方は二種類ね」

「二種類?」

「戦闘中に怖くて喚いて役立たずになるの、何も構わずこっちを殺そうとする狂い方」

「僕のイメージと違う気が」

「先のは良い的(まと)だけど、後のはすぐに逃げないと死ぬわよ」

「ママ」

#呟怖 ( #返怖 可)

チャイムに出ようして後ろ首をつかまれ口も塞がれた

部屋には私しか居なかったので恐怖のあまり硬直

チャイムは隣に移り、また隣に

後日、同じフロアから死体が出て、アレは強盗だと分かった

それより私を襲った(護った?)あの腕が台所の排水口に消えた事がトラウマになってる

#呟怖 ( #返怖 可)

小さな頃、河川工事が面白くてしょっちゅう眺めていた

その時に誰も居ない所でぶつかったのだ

「あっ」とよろけたら

その場で人が現れて

「ごめん」と言いながら消えた

その日から僕は昼間の幽霊に遭遇した文献を研究し始めた

アレは未来から来た歴史の調査員だと睨んでいる

#呟怖 ( #返怖 可)

「コーラで人の骨が溶ける」

そんな都市伝説が広まった事があった

沢山の人が手近な骨を容器に入れ、コーラを注いで毎日重量を測っていたという

知人もその一人

「骨だけ、肉付き、生肉、調理済みなどで実験したけど、どれも大して効果無かったよ」

今の奥さんは二人目らしい

#呟怖 ( #返怖 可)

物凄く死化粧(しにげしょう)の上手い職人がいた

頭部が損傷した遺体でもパテなどで生前そのものに仕上げるのだ

「火葬を止めます、もう少し妻の顔を見ていたい」

綺麗に仕上げ過ぎて、そんな事を言い出す客もいるらしい

「でも腐るから結局焼くんだよ」

そう言って苦笑いする

#呟怖 ( #返怖 可)

グーグルマップのストリートビューで旅をした気分になるのが好きだ

気に入った場所と座標はメモしている

ところがマップに表示されない場所があった

超お気に入りの風景だったのでバイクで行ってみた

最高だった

だがこの地域から出られない

元のこの場所に戻ってしまうhttps://twitter.com/kwaidanbattle/status/1257039488754135040 

#呟怖 ( #返怖 可)

「お父さんは無職じゃありません、ちゃんと仕事をしています」

「『お父さんは無職じゃありません、ちゃんと仕事をしています』」

「プロの通り魔って言っちゃ駄目よ、アレは経験値とお金を稼いでいるんだからね」

「うん、『プロのハンター』って言えばいいんだね」

#呟怖 ( #返怖 可)

検死官の知人の話

他の検死官の仕事の仕方が知りたくて

別の担当の死体を見た事があるらしい

「死因とは全然関係ない所なんだけどさ、たまに一口サイズで肉が切り取られているんだ」

小さな醤油さしとワサビのパックがゴミ箱に捨ててある事も度々とか・・・

#呟怖 ( #返怖 可)

ウチの旦那は鼻が効く

肉や魚などの腐敗や傷みが分かるのだ

サバイバル生活だと強いんだろうなって思っている

だけど干からびたウシガエルを見て

「惜しいなぁ〜」

って言ってから、どんな家庭で育ったのか気になって仕方がない

訊いても田舎で貧乏だったよーとしか答えない

#呟怖 ( #返怖 可)

俺の先輩は女好きだ

だが、ボートで夜釣りに行った時、似たボートで「釣れますか?」と訊いてきた二人組の女には一瞥もくれなかった

ツレなくした直後、彼女らは目の前で消えた

幽霊だと見抜いてたんですかって訊いた

縁起が悪そうだから「ナンパ」しなかったんだと返された

#呟怖 ( #返怖 可)

真夜中に「出る」という交差点を渡った

「出る」と言われている場所だとすっかり忘れていた

何も出なかった

だけど僕は全身に寒気を帯びて

震えながら横断歩道を渡った

あんなに歪(ひず)んだ通りゃんせの音楽を

僕は今まで一度も聞いたことが無かった

#呟怖 ( #返怖 可)

たまに酷い悪夢を見る

私が私を殺しに来るのだ

「君さえ居なくなれば皆笑顔で居られるのよ」

知ってる

私が居なくなれば次の弱い奴をお前らは食う

コイツの顔を剥いだ事がある

陰険な級友の顔のモザイクだった

焦らなくていいよ

全員、呪い殺すからhttps://twitter.com/str_reo88/status/1256897011258818560 

#呟怖 ( #返怖 可)

「お金は倍払うよ、だから半額にして」

奇妙な依頼を受けた

依頼を実行する前に興信所で裏を取った

なるほど・・・

依頼主に仕事が完了した旨と、契約の倍額の請求書、首から上を盾に半割りにして証拠とし、送る

すぐに口座に振り込まれた

「完璧だ」とのメッセージと共にhttps://twitter.com/tsubukowa/status/1260860041747300352 

#呟怖 ( #返怖 可)

上司が車に跳ねられた

頭骨が陥没

首も変な方向に曲がってる

救急車を呼ぶ

「どう見ても死んでるんで急がなくてもいいです」

嫌いな上司だったので余計な一言が出た

救急隊員が駆けつけ搬送

「信号が赤ばかりで、通過の際に手間取って」

隊員はそう言って私にサムズアップ

#呟怖 ( #返怖 可)

この望遠レンズで撮影すると女の影が写り込む

死んだ叔父から貰った

手入れが良く新品に近い

だが「そこ」が気になった

掃除をしようとレンズを外す

ごっそりと長い髪の毛が詰まっていた

光を通す訳が無いのだ

何故これで今迄撮れていたのか

女の影よりそっちが気になる

#呟怖 ( #返怖 可)

父が死んで四十九日の夜

家族全員が怒れる父の夢を見た

「よくも柩にTENGAを入れたな!」

ひ孫がやったらしい

出棺で皆がうつむいて

肩を震わせていたのはその所為か

先に逝った母達に後ろ首を掴まれて

父は引き摺られるように

呪う祟ると言いながら

浄土の船に乗せられた

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる136文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。