呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる136文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。

参加メンバーはこちら

呟怖.ORGと参加について

#呟怖
採れたて新鮮な卵の殻を割った。
器が鮮血に染まる。
性別を問わず新しい命の血は美しいな。私は雌鶏に変えた者達をチラリと見やる。残念ながら目が濁ってきたので潰し時が近い。新しい雌鶏を調達する前に卵の中身を瓶に詰め、薬作りに取りかかった。新しくもありふれた魔女の一日が始まる。 https://twitter.com/tsubukowa/status/1218341672649543681 

#呟怖
手紙が届いた。差出人の名前はない。ならば彼はやり遂げたのだな。封筒の中には獣の爪。彼が化生となり復讐を遂げた証。この手紙を受け取る約束をしたのは、もう随分昔の話だ。 https://twitter.com/molmol299/status/1219497498063933443 

#呟怖
…魔物は同居人に入りますか。
「傍から見たら一人暮らしだしな。ノーカンだろ」
…まぁ貴方以外には見えない様にしてますけどね。
「家賃半分払ってくれれば文句ないぞ」
…現金以外になりますが。
「何を払う気だ」
…それは…
「待て。ネタになるならメモするから」
…止めときましょう。

#呟怖 #返怖

ああ、水が清浄になり始めた。宿主の死が近いのね。
宿主の死で私の姿はヒトの目に見える様になり、宿主の死を望んだ連中は裁かれる。
ふふふ、連中の悪意の川を渡って次は何処へ行こうかしら。ヒトの澱みは次から次へと美味な悪意を呼び寄せる。
ちゃぷん、と私は業の海で跳ねた。

#呟怖
LINEの通知を見たら『母親』からだった。私の母は既に鬼籍に入っている。内容は…謎言語で読めない。悪戯だろうとブロック。だが、定期的に同じ『母親』から通知が来る。気味が悪い。ある日義妹から電話がきた。『お義母さんの三周忌なんですけど』…忘れてた。『母親』の通知もそれで止んだ。 https://twitter.com/molmol299/status/1218361550961905664 

#呟怖
また乗り損ねた。疲れてバス停で佇む。次のバスが来るまでが長い。今までは引き返してたが、次のバス停まで歩くか。
…ここでも乗り損ねた。
これじゃ目的地まで徒歩だ。悄然と歩いていると、後ろからバスが来て止まった。
「乗るのは早いですよ」
運転手が優しく話しかけて…俺は病室で覚ます。 https://twitter.com/kwaidanbattle/status/1216664469809426433 

#呟怖
ああ、またいつもの二羽だ。
子供の頃、面白半分に鴉の巣を壊してから、ずっと俺に付き纏っている。晴れた空と雲と鴉。空を見上げた鴉からそっと身重の妻を隠す。鴉の卵を割ったのは丁度こんな天気の日だった。 https://twitter.com/moon04cat/status/1217075115550134272 

#呟怖
おかしいな?さっきから下へ降りている筈なのに、階下を覗き込むと位置が全然変わってない。寸分違わずグルグルと螺旋が続いている。
「落ちれば良いんだよ」
一週する毎に囁く声を無視していたが、段々大きくなっていく。
もう限界だ。私はたん、と地を蹴った。落下しているのに見える景色は。 https://twitter.com/Fuuko_fuugetudo/status/1216363086270984193 

#呟怖
「ぱぱ!ソウチ作った」
息子が胸を張って紙箱にダイヤルを付けたモノを出した。
何の装置かな?と褒めながらダイヤルを捻ろうとすると「メッ!」と制止される。「壊れちゃうからメッ!」脆いのか。そっと触れば良いだろう。
「メッ!だから、ぱぱが壊れちゃった」
メッは滅亡のメだったのか…。 https://twitter.com/kwaidanbattle/status/1216282386742173696 

#絶望という言葉を使わずに絶望を描写してください
#呟怖
此処から一生出られない。シミ一つない清潔で窓のない、外部と遮断された部屋から。
『赤子のような無垢は神が尤も喜ばれます』
『あなたは聖なる嬰児なのですよ』
私は此処で朽ち果てる。
俗と穢れを遠ざけられて、ゆっくりと狂う。

#呟怖
コップの中に、別れたあのひとがくれた指輪を入れて、私の血を一滴。
指輪に私の血が纏わり付いて赤い紐になるのを見届ける。
「私は納得してないからね」
この赤い紐が縄になり、赤縄になったら壺に入れる。本当は足を縛りたいけど指で我慢してあげる。
それは運命か呪いか。解るのはもうすぐ。

#呟怖
「なんか飛んでた」
…捨ててらっしゃい。
「あれ?お前虫嫌い?」
…コレが虫に見えるんですか。
「蝶みたいな羽生えてるし」
…大雑把すぎます。
「妖怪か?」
…妖精です。
「日本なんだから妖怪でいいだろ」
…飼えないなら放してきなさい。
「怪異譚とか」
…怪談向きじゃありません。

#呟怖
アレとは遊び、本命はお前。必死になって言い募る。恋人は冷たい目で睨むと長くて細い舌を出し入れする。その腹はぷくりと大きく膨れており、断末魔が聞こえてきた。綺麗な鱗がぎらりと光り恋人は大きく口を開く。嗚呼もう許してくれないのだなと、丸呑みされて悟った。蛇女は嫉妬深く執念深い。 https://twitter.com/kwaidanbattle/status/1214523648234541056 

#呟怖
なんでこのカーナビ、目的地を指定するともれなく周辺の心霊スポットも同時に案内してくれるんだろう…。霊感0だから案内されても何も感じないのに、何が何でも心霊体験をさせてやろうとする強い意志を感じる。『此処なら確実です。迂回しましょう』最近では妙な音声も入る様になってきた。 https://twitter.com/moon04cat/status/1213807579781976064 

#呟怖
花を描けなくなりましたか。もしや、女性に失礼な振る舞いをなさったのでは?はぁ、やっぱり。三角関係の縺れですか。え?三角じゃなくて四角?色恋沙汰も芸術には必要って、助平心を正当化したから、呪われたんですよ。全部清算してから、一輪の花と向き合って下さい。手遅れかもしれませんが。 https://twitter.com/No0_0128/status/1213508100398825472 

タグ間違ってます。#呟怖 です。
正月ボケ…?

#呟怖 です。
今確認したら間違ってました(*_*)
呟恐…何をやってるんだ私。

#呟怖
彼の項を見るのが好きだった。太くて逞しい首なのに、色白で肌理が細かい。アンバランスな艶めかしさと急所を曝している危うさ。信頼の証。でも、赤い徴を見つけた。彼は裏切りの証拠を無防備に見せ付ける。白い項に穢れた紅。
貰った簪を赤い徴に突き立てる。血で洗われた項はとても綺麗だ。 https://twitter.com/kwaidanbattle/status/1213395728673820674 

#呟怖
メイファマオ、即ち梅花猫は変な生き物だ。梅花の丸い小さな花弁は肉厚で見ように依っては猫の肉球にも見える。砂糖漬けにしても生きてるし瓶の中で浮遊してる。眺めてると怯えるが食う気にはなれない。食えば明晰夢が見られるそうだが種類が選べない。食われる夢だったりしたら恐怖しかない。 https://twitter.com/molmol299/status/1213348807213105153 

#呟怖
「お前ってさ、魔物なんだよな?」
…まぁ一応。
「一応ってなんだよ?」
…細かく指定されると縛られちゃいますから、暈かすんです。
「名付けると大悪魔になったりするのか?」
…お相手に力が有れば。
「その力って」
…成人男性が中二病発症。
「憐れむな」
…いい怪談書きましょうね…。

#呟怖
「曰く付きのベッドを買った」
…最早ツッコミ待ちですね
「本物なんだな?なんで怪異が起こらないんだよ!?」
…既に起きてるんです
「額に青筋立てて怒るなよ」
…寝台の裏、覗いて見ました?
「顔色の悪い奴がいた」
…絶望のあまり叫んでます
「聞こえないぞ?」
…お気の毒で目から汗が… https://twitter.com/snh5238b/status/1211095146055385088 

#呟怖
美しく整えられた指先は真珠色に輝いている。
「あの宝石が気に入ったわ」
…連れてきて。
石榴石の昏い紅の唇が開かれ、僕に命令を下す。彼女は僕の主。原石の輝きを持つ青年を拐かし、僕に研磨を任せる。カットされた青年は美しくなり、主に跪くのだ。地下室には宝石の成れの果て。真珠の骨。

#呟怖 #返怖
…なんで15体も入る羽目になってるんだ。
…気になる▲▼が入ってたんだ。
…幽霊ホイホイってヤツの噂聞いた事あるな。
…纏めて拝み屋が祓いやすくしたっていう…。
「おー大量大量」
「さて成仏させますか!」
「霊障も大幅に減らせるし便利便利」
…ちょっとまっ
「除霊完了!」

#呟怖
我が一族は他家に嫁いでも名字は変えない。名字を捨てなければ本家から援助が受けられるからだ。だが年の初めに本家で黒のポチ袋を渡される。現金が入っていれば良し。黒い札に『落とし魂』と書かれていたらその年妊る筈だった魂を一つ、家守様に落とす羽目になる。昔からの契約で違えられない。

#呟怖
『お好きな方、ご自由にどうぞ』
今時珍しいフィルムカメラが、雑貨品と一緒に無造作に置かれていた。
デジタルもいいけどフィルムの良さも捨てがたいという父の言葉を思い出し、一つ持って帰る。数日後、元の場所に戻した。何を撮っても不気味な女の顔が写るからだ。背後の女も戻ってくれよ。 https://twitter.com/moon04cat/status/1212679592747524097 

#呟怖
「正月に纏わる怪異ってねぇのか?」
…魔物にも年始休暇はあるんですよ。
「ネタ寄越せよネタ!」
…炬燵でジタバタしない!第一、神社もお寺も大忙しで清浄も増しまし。悪さしたら低級霊は一発でアウトですよ。
「徳のない寂れた神社仏閣が狙い目か」
…お餅、喉に詰めましょうか?

…需要のない当方の #呟怖 で勝手にシリーズにしてる話の設定資料でした。

私の #呟怖 で常連と化してる陽気で不気味な『おじさん』一族。喪黒▲▲的な太っちょのおじさんのイメージから長身痩躯の悪魔的なイメージまで実は容姿に違いがある。
正体不明。魔物的な存在であるのは確か。実は『陋巷に在り』登場の悪役『少正卯(しょうせいぼう)』もモデルの一人になってたりする

『幽霊と猫』
主人公の『俺』の飼ってる猫は黒猫でメス。実家も猫飼い。
住んでるアパートとか周辺の設定とかも色々あるので、またぼちぼち書いていきたい。

『僕と彼女と宝石と』
登場する主人公と彼女は毎回違う。
彼女、乃至は登場する女性の爪を宝石に見立てて書いてる。気楽な連作
#呟怖

怪談専門三文文士は兼業作家で、アセクシャル(無性愛者。性別関係なく恋愛感情も性的欲求も抱かない)という設定。
『幽霊と猫』
読み返したら最初主人公を女性にしていたという痛恨のミスが。
2から突然男性主人公になってる。尚、怪談専門三文文士とは従兄弟(文士が年上)という裏設定有。
#呟怖

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる136文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。