呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる136文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。

参加メンバーはこちら

呟怖.ORGと参加について

陰口を言われた 25点
「なにこれ」
「怒りの通帳、1億点貯まったらお仕置きするの」
一億とは気の長い、そう言い掛けて次の行から「積算」されているのを見て絶句した。

「なぁ?お仕置きって?」
「お仕置きはお仕置きだよ、うふふ?」

#呟怖

栄養ドリンクは普段飲まない。
だが、街で「試供品」を配っているので、それを貰っていた。
何となく「試供品」と銘打たれた瓶を棄てるのがもったいない気がし、いつの間にか溜まってしまった。
ところで、私の手はこんなに大きかっただろうか?と瓶に銘打たれた「魔物の源」の銘を見て思った。#呟怖 https://twitter.com/tubukowakk/status/1188589330312372224 

「懐かしいな、まだ残っていたんだ」
男は財布の中を探った。
「良かった、まだ持ってたのがあったよ」
財布から取り出したのは古いテレカだった。
その光景を見ていたある男が声を掛けた。
「兄さん、その電話機はやめときな、何故なら…」
言い掛けた男の頭上に、一本の太い柱が落ちてきた #呟怖 https://twitter.com/hiro_jake/status/1177227911222325250 

「我は稲荷の遣いなり…なーんちゃって、どう雰囲気出た!?」
そう言った彼女の雰囲気が一変した。
「我ハ稲荷ノ遣イナリ…人ノ仔ヨ、我ガ主ニ何用ダ?」
それだけ言うと彼女、否、彼女に憑いていたものは離れ、彼女はその場に倒れてしまった。
どこからか狐の鳴き声がした。 #呟怖 https://twitter.com/417jyukaiikou/status/1164197282486505474 

私の担当していた患者が逮捕された。
事件直後に薬を処方したばかりなので、それほど驚いてはいない。
なんでも、責任を問えないとかで近く相応の沙汰が下るそうだが、私の指示通りに薬を飲んでいたのならそうだろう、とこれにも驚かない。
きっと直前まで指示通りに飲んでいたのだろうか #呟怖 https://twitter.com/ButaPonz/status/1102412700972244992 

財布に身に覚えのないカードがあった。
名義は確かに自分のものだし、暗証番号も何故かわかった。
残高を確認したところ、目を疑う金額が入っていた。
一度に下ろしても良かったんだが、経路不明の金を使うのも気が引けたので、困った時の借金代わりに使っている。
そういえば、最近妙に体が軽い #呟怖

私の担当していた患者が逮捕された。
事件直後に薬を処方したばかりなので、それほど驚いてはいない。
なんでも、責任を問えないとかで近く相応の沙汰が下るそうだが、私の指示通りに薬を飲んでいたのならそうだろう、とこれにも驚かない。
きっと直前まで指示通りに飲んでいたのだろうか #呟怖

「ご利用ありがとうございました」
身に覚えのない明細書が届いた。
架空請求の類だろうか、明細を開く
と、そこには「ジコシ」の3文字のあとに人魂の様な記号と何かが減った事を示す-1、続いてその残高が記載されていた。そう言えば少し前に嫌いな人間が一人、事故で死んだのだが… #呟怖 #bot可

「お掃除承ります」
そう書かれたチラシを握りしめた男が倒れている。
右手には電話、チラシの業者に連絡したのだろうか。
この男が命を落とすに至った原因は
自らをゴミとして数えて居なかったことだろう
#呟怖

「そんなつもりじゃなかった」
と私の「光」を奪った仇は言った。
「光」が戻ることは無かったが「視える」様にはなり、今、目の前にその仇は居る。
大きく手を振り上げた私に何事かを懇願したが、私は告げる。
「私、目が見えないから。」 #呟怖 https://twitter.com/alythcrow/status/1046752424285822977 

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる136文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。