呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる136文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。

参加メンバーはこちら

呟怖.ORGと参加について

#呟怖
『燃える車』
修行に行く為車を買ったが、車に乗るたびにボヤがおきやがる…俺はタバコを吸っているので気にせずにいたが何だか車内が異様に熱くなってきた気がしたぜ!しかし夏だしこんなものかと気にせずに山まで運転し車を降りると車内から、何故焼け無い…と声が聞こえ車は爆発しやがった… http://pic.twitter.com/d59gGR4ZE9

#呟怖
『地縛霊』
昔、死亡事故があった交差点で信号が変わるのを待っていると信号は赤だというのに勝手に足が前に進みやがった…足下を見ると地自縛霊が俺の足にしがみ付いていやがったので俺は突っ込んでくるトラックめがけて地縛霊を蹴り飛ばすと地縛霊はトラックに跳ねられ自爆霊になりやがったぜ http://pic.twitter.com/ZJ6olzusI4

#呟怖
『柊木ダム』
柊木ダムという砂防ダムに早朝に泳ぎに行った時、誰かが俺の足首の辺りを掴みやがった!丁度負荷を加えて泳ぎたかったので俺はソレに足を掴ませたままスピードを上げて泳ぎ続けたぜ!気がつくと夜中になっていたので水から上がると、足首にねじ切れた手首が5〜6個ぶら下ってたぜ! http://pic.twitter.com/FKewGUbOXM

#呟怖
『オキテタラヤル』
海へ遊びに行った時、俺は砂に埋まって昼寝をしていると『オキテタラヤル』と耳元で異形の女の声がした…俺様を殺るとは上等だと思い、俺は砂から飛び出すと声の主を首だけ出して砂で埋め砂を固めて樽の形にしたぜ!そして砂の樽を足刀で異形の首が飛ぶまで蹴りまくったぜ! http://pic.twitter.com/k7xhu3YQft

#呟怖
『箪笥の中から』
古い箪笥を買ってきた晩のことだ!俺が寝ていると箪笥の中からカリカリと音がして出してくれと言っているように聞こえたぜ!しかしどの段から音がするのか判らなかったので箪笥をぶん殴り続けると途中で悲鳴のような声が聞こえたが粉々になった箪笥の中には誰も居なかったぜ! http://pic.twitter.com/uJ6MJ5aw5L

#呟怖
『ヤマメ』
雪山で修行を終え、腹が減ったので山道を駆け下りて人里に向かっていた時に、目の前を白い何かが横切った…速度を上げて振りきろうとしたが、次の瞬間ソレは俺の身体に入ってきたぜ…しかし空腹時の俺の胃袋は身体に入った異物を吸引し消化吸収してしまう為おかげで満腹になったぜ! http://pic.twitter.com/6OadWNHgBk

#呟怖
『ひかり荘』
俺がボロアパートに住んでいた頃、俺が寝ていると誰も住んでいない筈の隣の部屋からお経が聞こえてきやがった…お経ならまだしも、壁をドンドンと叩きやがったので俺は怒りに任せて壁を力一杯殴り続けたぜ!
数分後悲鳴と共にアパートは崩壊し、しばらく野宿する羽目になったぜ! http://pic.twitter.com/egXeEatIFZ

#呟怖
『蜘蛛』
回覧板を置きに行くと誰も出てこないが家の奥から音がしたので家に上がり奥の部屋へ行くと襖が開き、顔だけが人の蜘蛛の異形が襲いかかってきやがった!俺は、けたぐり回し蜘蛛をバラバラにしたあと蜘蛛の足に頭と胴体を突き刺してカルシウムを摂取するため、丸焼きにして喰らったぜ! http://pic.twitter.com/35FDkYV1ag

#呟怖
『曲がり角』
考えごとをしながら、曲がり角を曲がった時、何かが足に絡まった気がしたが、考えごとをしていたので、気にせずに歩いていると、何かの悲鳴と共にブロック塀が倒れたぜ! http://pic.twitter.com/0CiaLDZHtA

#呟怖
『沈まぬ太陽』
図書館で沈まぬ太陽という題の本を読んでいたはずが、気がつくと海辺に居たぜ!海辺の釣り人が気をつけろ喰われるぞ!と食物連鎖の頂点の俺に言ってきた途端に、鳥の異形が俺に襲いかかってきたが、丸焼きにして喰らっていたらまた図書館に戻っていて、何故か本が燃えていたぜ! http://pic.twitter.com/XXV3rtoRJ0

#呟怖
『生えているモノ』
高尾山に修行に行った時、目の前に背中から無数の手を生やした犬が挑戦的な目で睨みをきかせてきやがった…どっちが上かをハッキリさせてやるために、背中に生えている手の全てを引きちぎり腕相撲で圧勝してやったら、分をわきまえた手は自動孫の手に犬はペットになったぜ! http://pic.twitter.com/AzeHEQaZDm

#呟怖
『だるまさんがころんだ』
風呂で頭を洗う時、頭を擦る回数を『だるまさんがころんだ』と数えながら洗い途中でシャンプーを追加する為、背後にあるシャンプーに勢い良く手をのばす時に毎回俺の拳に何かが当る、そしてシャンプーを流し風呂場の壁を見ると必ず変な女の異形が突き刺さっているぜ! http://pic.twitter.com/ozaUkGFLLM

#呟怖
『ムシリ』
ムシリと言う髪を毟る妖怪が見えると言う家系の友人の家に泊まった…友人の部屋で俺が寝ていると、何かが俺の髪を触っているような感じがしたが、そいつは俺のケブラー樹脂より硬く医療用のメスより鋭い髪に絡まったらしく、俺が目覚めた時には、肉片と血溜まりしか無かったぜ! http://pic.twitter.com/WWoTKcrpvg

#呟怖
『犬神様』
修行とバカンスを兼ねて、かなり沖にある離れた無人島に泳いで渡り食料を探していると岩山の上からバカデカい犬神が俺を見てヨダレを垂らした…そのヨダレのしぶきが俺に飛んだ事にイラついた俺は犬神の立っている岩山を怒りに任せてぶん殴り続けたら島が崩壊し海に沈んじまったぜ! http://pic.twitter.com/5FOkMv6dPZ

#呟怖
『かまいたち』
山で正拳突きの修行をしていると、突然頬が裂け血が垂れてきやがった…
俺は、かまいたちと言う異形の仕業だとすぐに気づいたが、奴はすばしっこく姿が見え無い…イラついた俺は拳をぶん回し竜巻をおこしちまい、気付くと、かまいたちどころか辺り一面綺麗に無くなっていたぜ! http://pic.twitter.com/3jG6JFTOjf

#呟怖
『花』
山道を歩いているとかなり先の方に花の様な物が見えたぜ。
構わずそのまま進むと花に見えていた物は朱色の砂鉄の塊の様な物の真ん中に皮膚の様なものが付いた異形で、それは宙にふわふわ浮いて俺の道を遮りやがった…俺は苛つきサンドバッグ代わりに拳を叩きつけると破裂しやがったぜ! http://pic.twitter.com/Jx5NKcGyPW

#呟怖
#怪異ハンターMAEDA

次回も八八さん( @cc_88_fubuki )を迎え、パワーアップした怪異ハンターMAEDAを期待してくれ!http://pic.twitter.com/hRuaWtDJ21

#呟怖
『神社にある小屋』
神社の鳥居の辺りを通りかかった時、近くの小屋から異形の視線を感じ、俺が視線の先に目をやると異形が俺を睨みつけていやがった…
俺はイラつき小屋をぶん殴ると近くにあったプロパンガスのボンベをぶち抜きそれにタバコの火が引火して小屋ごと異形は炭になっちまったぜ! http://pic.twitter.com/2bCRl4N5lw

#呟怖
『木の杭』
俺が畑仕事のバイトで畑を耕していると目の前に木の杭が数本突き刺さっていやがったぜ!俺は杭に腹が立ち全力で全ての杭に向かって拳を叩きつけると杭は地中深くに潜り見えなくなっちまったぜ!翌日ブラジルの地中から物凄い勢いで木の杭が空へ飛んで行ったとニュースになってたぜ! http://pic.twitter.com/zXLwajfRoY

#呟怖
『杉沢村』
山で修行していると髑髏の形をした岩と鳥居があったので修行に丁度良いと思い、岩を担ぎ100m位歩くと無数の気配に取り囲まれたぜ…シカトして修行を続けていると血塗れの無数の手が俺を触り、汚しやがったので担いでいた岩を叩きつけると無数の叫び声と共に地面が陥没しちまったぜ! http://pic.twitter.com/KAvdkhHF0N

#呟怖
『夜間警備』
俺がスーパーの夜間警備をやってた時の話しだ!警備室でモニターを見ていると2階の衣服売り場の通気口から何かが侵入して来たのが見えたので、売り場に急行すると足の太い異形が売り場で暴れていたので頭を掴み壁に何度も叩きつけていたら、スーパーの壁が崩壊しクビになったぜ! http://pic.twitter.com/3gPs09keJI

#呟怖
『ボリ』
ガキの頃、山での修行を終えて腹が減ったので、食い物を探していると石で出来た祠があったぜ!その祠を開くと牛の形の置物があったので、牛の置物なんて空腹で牛肉好きな俺への当てつけかと思い、怒りがこみ上げて祠ごと置物を殴り続けた…数分後俺の目の前には砂しか無くなってたぜ! http://pic.twitter.com/vJelr94Y3e

#呟怖
『触れていた腕が』
ガキのころ放課後に自分の教室で修行をすると教室が壊れちまうので別の教室に入って修行をしていた。すると机の上に五円玉があって邪魔だったので叩き落とそうとしても五円は机から落ちなかった…俺はイラつき五円を手刀で机ごと真っ二つにしたら狐の様な悲鳴が聞こえたぜ! http://pic.twitter.com/erEmFt6DjH

#呟怖
『喉噛様』
ガキの頃、遊んでいると急に腹が痛くなった…周りを見渡したが子供は行っちゃいけないと言われている神社の祠以外は見当たらなかったので俺は祠を開けズボンとパンツを同時に下げ大放出したぜ!すると喉元にガキの異形がへばりついていたので紙の替わりにケツを入念に拭いて捨てたぜhttp://pic.twitter.com/e78UaNw2tY

#呟怖
『見えないおっさん』
霊が出るって噂のカラオケBOXに行き歌っていると、透き通った感じのおっさんが腹にパンチを入れてきやがったが、全く効かないので俺は気にせずに歌い続けたぜ!歌が終わった頃に俺の足元の辺りに手首がぐちゃぐちゃに折れ耳から血を流したおっさんの異形が倒れていたぜ! http://pic.twitter.com/cYe11CBJsg

#呟怖
『黒ナンバー』
夜、山道で車を走らせていると後ろから黒ナンバーの真っ黒な車が無灯火で近寄ってきた…俺は注意してやろうと車を止め、その車に近づくと、真っ黒な車は俺めがけて勢いよく突っ込んで来やがった…俺はその車を受け止めて持ち上げると、近くにあった谷底へ叩き落としてやったぜ! http://pic.twitter.com/DQMfcgmfse

#呟怖
『霊を撃退する方法』
寝ていた時、黒い煙のようなモノが人の形になり俺を見下ろしやがった…
俺は見下ろされた事の苛立ちを抑えようとタバコを取り火を付け勢い良く吸い込むと黒い煙も一緒に吸い込んじまったぜ!すると俺の腹の中から断末魔の叫び声とソレを勢い良く消化する音が聞こえたぜ!http://pic.twitter.com/eFZumanLyo

#呟怖
『引越しのバイト』
引越し屋でバイトしていた時、1人しか住んでいない幽霊団地と噂される団地からら依頼が入ったので俺は1人で団地に向かうと気味悪りィ顔した依頼人が上から俺を見下ろしニヤつきやがったから俺はイラつき団地に拳を叩き込み団地を粉々に粉砕して冥土に引越しさせてやったぜ! http://pic.twitter.com/rYBjJBn2oB

#呟怖
『間違い電話』
山奥の工場でバイトしていた時、苛立ちながら残業していると電話が鳴り『サンジか?』とジジイの声が聞こえたが間違いと言うのも面倒なのでそうだよ!と叩き切った。暫くすると扉をバンバン叩く奴が来やがったので俺はブチ切れ、扉を外しソイツが地中に埋まるまで叩き続けたぜ! http://pic.twitter.com/dihwTpU8ub

#呟怖
『八ヶ岳村』
修行の帰り道にトンネルを通った時の事…後ろから誰かが勢いよく追いかけて来たので振り替えりざまに回し蹴りを喰らわせたら上半身がぶっ飛んじまった…トンネルを抜けると八ヶ岳村って廃村があり、異形の棲家になっていて、襲って来たので全員叩きのめし前田王国にしてやったぜ! http://pic.twitter.com/n29txulu6j

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる136文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。