呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる136文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。

参加メンバーはこちら

呟怖.ORGと参加について

それから何年かして、お互いが車の免許を取った頃。それまですっかり忘れていたあの時の駅に行ってみようとなり夜中にドライブした。なるべく線路沿いに駅を確認しつつ私が運転したのだが

乗り越した駅の次の駅は知らない名前の駅だった。

#怖い話 #実話怪談 #呟怖

おかしいと思い、運転手さんに「首塚」と付く名前の駅を聞くとそんな駅はこの辺には無いと笑いながら言われた。私達は汗だくなのに定時前にホールに着き、ライブは無事に終わった

帰りは徒歩5分程の最寄り駅から乗り換えも簡単に出来て帰宅した

#怖い話 #実話怪談 #呟怖

とにかくそこに向かって走っていたら、いつの間にか大通りに出ていた。私達はなんとかタクシーを拾いホールの場所を伝えタクシーの運転手さんに時間を聞いた

駅に降りた時間。止まった時計の時間を告げられた

#怖い話 #実話怪談 #呟怖

私達は時間もわからない、知らない土地で不安になり汗だくで歩いた。それからしばらくして、少し先の突き当りに薄ぼんやりと明るい赤い鳥居と祠らしき物が見えてきた

#怖い話 #実話怪談 #呟怖

線路を歩き有刺鉄線の切れ目から道路に抜けとにかく大通りを目指して必死に歩いた。そこは街灯の無い薄暗い住宅街で家々には灯もついていない。知らない土地で迷いながら必死に歩き続けた。体感的に1時間以上歩いただろうか、時計を見ると何故か駅に降りた時間で止まっていた

#怖い話 #実話怪談 #呟怖

急いで改札に行き切符切りの駅員さんを探した。駅員さんは電車が着いたのにこちらに来る気配は無く、俯いて顔が見えない。ガラスをドンドン叩き「すいませーん!!」と大声で呼んでも反応は無かった

焦っていたので違法と分かりつつ駅から線路に降りた

#怖い話 #実話怪談 #呟怖

乗り換えがあるのとその線には乗った事が無かったので、私達は毎駅確認していたが乗り換え駅を過ぎてしまっていたようだ

1時間前には着くように出たが、思わぬ誤算に慌てて次の駅で降りた。降りた駅はうろ覚えだが「首塚」の単語が入った名前だった

#怖い話 #実話怪談 #呟怖

長目の話になるので #呟怖 のルール違反ですが御容赦下さい

高校生の頃でまだSuicaも乗り換え案内も無かった時代の話。当時好きだった女性アーティストが県内の何故か辺鄙なホールでライブをすると知り、友達と電車で行った

#怖い話 #実話怪談 #呟怖

#呟怖

頭の中で数を数えてる時ってありますよね。電話のコール音だったり、エレベーターの階数表示だったり、並ぶ人の数とか…

いつもの帰り道、寺の前に差しかかりいつものように黒い人影を数える。
123…1つ足りない。通り過ぎてバックミラーを確認すると、後部座席に黒い影が1つ…乗ってる…

#呟怖 #返怖
「スナッフビデオに出た」とその女の子は言う。
よくそんな残酷な事がと驚くと首を横に振って、「殺されるほう」と言う。
ああ特撮か、と言うと、「本物ですよ」とむくれる。
「あたし、死んでも生き返るので」
とさらっと言う。
「けっこう痛いんですよ?」
と、またむくれた。

水が怖い。昔住んでいたマンションの貯水槽から臍の緒のついた赤ん坊が出てきた事があった。それ以来、蛇口を捻ると赤ちゃんの声がする。 #呟怖

母の日になると思い出す。振り返ると其処にいる影法師。そっと母の影に触れてみる。触れる前に離れていくから、どこまでも追いかけて、止まっては触れてをくり返す。ドン!と音がして一気に空が近くなった。渡せなかった一輪の赤いカーネーションが星になった。 #呟怖

お母さん、と口にして僕は思わず赤面した。また先生と母親を取り違えた。
××先生は優しく答える。水玉模様のスカートが揺れる。
(智樹くんが望むなら、お母さんになってあげてもいいのよ)
幼い頃の朧気な記憶はここで途切れる。
でも変だ。

何度思い返しても、××先生には首から上が無いのだ。
#呟怖 https://twitter.com/katashiro12/status/1264422352034476032 

#呟怖

マンションに幽霊が出た
真っ赤な目をした老婆が、ベランダに立っている
私は慌てて、不動産屋に文句を言う
すると不動産屋が言った

「ご安心ください、お客様のお部屋の霊は一番害が無い奴です」 https://twitter.com/kwaidanbattle/status/1263590121456074762 

#呟怖 ( #返怖 可)

とある廃虚に忍び込み、服を着せた女のマネキンを吊るした

数日後には幽霊の噂が立って来たので満足してマネキンを片付けようとした

マネキンが無かった

吊るしていた紐も無かった

吊るしていた所から裸足の足跡が付いていた

吊るしていた部屋の窓まで足跡が続いている・・・https://twitter.com/kwaidanbattle/status/1263588063080443911 

#呟怖 ( #返怖 可)

「霊の声が聞こえたら録音してみるといい」

友達は科学オタクだが幽霊の話も好きだ

彼によると霊の声は二種類ある

「空気を振動させる声なら録音出来る筈なんだよ」

「じゃ、録音出来て無かったら?」

「肉体からの振動で音が伝わっている筈だから、霊に取り憑かれているよ」

#呟怖
蔵を整理してたら煤にまみれた黒い革張りの魔導書を見つけたの。これは長年探し求めた黒魔術書。これで今日から私も使い魔の黒猫と悪魔の執事を従えた立派な黒魔女ね。本を頼りに火に生贄を捧げ呪文を唱える。火加減が強すぎたみたい。黒焦げ猫と黒焦げ執事を従えた黒焦げ魔女になっちゃったわ。

ふと目が覚める。
夜中だ。
インターホンが鳴っている。
出ると陽気な声が聞こえるが、
何を言っているかわからない。
慌てて玄関の鍵を確認しに行く。
玄関扉の磨りガラス、
1cm向こうに誰かが立っている。
扉がゆっくりと開く。
そこで目が覚める。
夜中だ。
インターホンが鳴っている。

#呟怖 https://twitter.com/molmol299/status/1261922714094202881 

#呟怖 庭先から妹の悲鳴がした。何事かと外へ出ると、妹が家の庇を指差す。見ると猫程の大きさの人の形をしたモノが壁に張り付き、燕の巣から雛を一羽掴んで口に咥え、雨樋を伝って屋根に駆け上がりそのまま姿を消した。あれが何なのか分からないが、それ以来、燕が我が家に巣を作る事はなくなった。

憎い相手を自滅させる呪い。
満月の晩から始めます。
毎晩、お休み前に手鏡を窓辺に置きます。
月を映して、
「○○(相手の名前)、引っ張れ、引っ張れ」
と三回唱えます。
新月の晩に手鏡を割ります。
どうなるかはお楽しみ。

ああ、もし最後の晩に月が映っていたら…
ふふ、それもお楽しみ。

#呟怖 https://twitter.com/molmol299/status/1255839596673261569 

#呟怖
この泥棒猫!と喚く女を前に籠から林檎を取り出し、真っ二つに割ってみせる。口を閉ざした女に、無表情で包丁を出し割った林檎を差し出す。たった今、二股に気付かされた。寝台の上の男は蒼白。
さて。割られるのと剥かれるのと何方がいい?
半分の林檎を齧りつつ、女2人で選択を迫る。

11林檎 https://twitter.com/molmol299/status/1261922714094202881 

#呟怖
別れる前に言われた。
「夜の夢は置いていってね」
意味が判らない。だが都合の良い女の最初で最後のおねだりだ。
俺は深く考えずに頷いた。
以来俺は夢を見ない。
夜の暗闇の中で独り、考える。
あの女は俺から安眠を取り上げたのだと。
もう夜が明ける。
俺を置き去りにして、朝がくる。

10夢 https://twitter.com/molmol299/status/1261922714094202881 

#呟怖

失われた村にあるという廃校舎を見つけた
教室の机には無数の傷跡があり
窓硝子の向こうには叫び声を上げる鴉の群れが、逆さ吊りになった案山子を啄んでいるのが見える
幼少期の夏休み
僕は一人の子を虐めていたのを思い出した
「思い出した?」
動かぬ時計が動き出し
案山子が僕に笑いかけた https://twitter.com/ryoda_odai/status/1264014060648972288 

また始まった。某女子グループの内紛の暴露と糾弾。最近のHRの議題はこんなのばかり。だから僕と小夜は窓から逃げだした。走って走り続けて気づけば知らない草地。ねえ、ここどこ。小夜が笑う。あらゆる策謀を駆使してクラス中に疑心暗鬼を蔓延させた張本人が。緑の匂い。人間なんてただの糞袋。
#呟怖 https://twitter.com/kwaidanbattle/status/1264092558361161730 

こうやって自分の体験した不思議な事を書いていると、やはり変なモノって彼岸此岸の話じゃなくて、何らかの残留思念なんだと私は思う

会社にいる謎の子もお化け電車も残留思念の塊だと思う訳です

#怖い話 #実話怪談 #呟怖

それを聞いた時、私ともう1人の会計の子がいて。実はその公民館昔は保育園で2人はそこの卒園生なんだけど

この小部屋って…お昼寝しないと閉じ込められた部屋だよね?って思い出して2人でゾッとした。昔はこんな虐待ギリギリなんてザラだったからね

#怖い話 #実話怪談 #呟怖

公民館でももう1つ有名な話があって。物置部屋の奥の小部屋(常時施錠でお祭りや運動会の道具が入ってる)

物置部屋で捜し物をしてるとその施錠された小部屋からガタガタと物音がする

鍵は自分達が預かって無いから開けることは出来ない。じゃあ中に何がいるの?

#怖い話 #実話怪談 #呟怖

この公民館、我が家の近所で普段も公民館の横を通らないと家に帰れないのだが

今でも時々他の部屋が真っ暗で駐車場空っぽなのに和室には電気がついてて誰かがいるのをよく見かける

#怖い話 #実話怪談 #呟怖

子供会の副会長をしてた時の話。公民館の会議室で月に2回会議があった

会議は夜だから最後に鍵閉めて、その鍵を翌日公民館に返しに行くのが私の役目だった

戸締りして鍵閉めて、役員でサヨナラしてから徒歩で帰宅すると必ず和室に電気がついてて人影があった

#怖い話 #実話怪談 #呟怖

#呟怖 ( #返怖 可)
#キスの日

「オオサンショウウオみたいに目の離れた化け物が来るんだ」

知人が毎夜の悪夢に悩んでいる

「キスしようとするんだ」

欲求が溜まってるんじゃね?と返す

数日後に地震があり、歩いていた彼の頭にビル看板が直撃

頭を潰した大きな黒い看板のネジが離れた目に見えたhttp://pic.twitter.com/RSUkmqTgaN

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる136文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。