呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる136文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。

参加メンバーはこちら

呟怖.ORGと参加について

#呟怖
金木犀の匂いはとある名香に似ている。祖母は金木犀に執着し、あの香水を好んだ。そんな祖母は家庭を捨て、ある男と心中を図ったが失敗した。季節になると現場近くでふっと血の臭い混じりの金木犀が香る。逃げた男を呼ぶように。
「時の流れ…か」
男は来ず、街並みは変わり、香りだけが残る。 https://twitter.com/molmol299/status/1184120386415288322 

#このお題で呟怖をください
#呟怖

金木犀
(季節の花シリーズ。写真は参考程度にしてくださいませ) http://pic.twitter.com/0BpzGQS1EL

#呟怖
祖父は金木犀の開花時期を正確に当てるという妙な特技を持っていた。何故と問うと己の首筋をそっと抑える。
「臭うんだよ…」
いつもは隠す首の傷をその時だけ祖父は晒す。
「花の香と…の臭い。彼奴が俺を呼んでんだ」
意気地が無くてな。苦い笑みと言葉は誰に手向けられたモノなのだろう?

#呟怖
ほんの少し欠けた月の光が花々を照らす

青みを帯びた灰色の花は陽光の下では何色だったか
『教えてあげましょうか』
夜の奥から声がした

「いや、いいよ。この色は好きだ」
くすくすと笑う声
いつのまにか目の前に女がいた
青みを帯びた灰色の着物がよく似合う

花と連れ立って夜を歩く https://twitter.com/take_irakusa/status/1164889768087310337 

窓ガラスの水滴で作られたモザイクの先に赤い人影が写っていたので拭いてみると姿は無く、いつのまにか赤く染まった雑巾から『入れた』と声がした。#呟怖 #一行怪談

自分の目に自身が持てない? だったらこっちにおいでよ。
ほら、いろんな目があるんだ。大きいのも小さいのもあるし、カラーバリエーションも豊富だよ。どれでも好きなのを持っていってよ。
ただし、何が見えるようになっても責任は取れないよ。
#呟怖 https://twitter.com/YaChiRuewomiru4/status/1183222754419412993 

#呟怖

テレビで辛口のコメンテーターが優しい事を言っている
いつも優しい彼は冷たい事を言い放ち
猫はワンと鳴き
犬はモーと鳴いた
ハゲの吉田はロン毛に成って
何処かの国の彼奴がすまないと泣きながら核のボタンに手を置いたそうだ
皆すまない
品出しの時にあべこべにペヤングを置いたばかりに… https://twitter.com/Moto16353846/status/1183359904305664000 

#呟怖
ああ、あの人?
あの人はね、元々綺麗な人だったんだよ。でもね、欲が勝って、やってはいけないことをやっちゃった。それ以来、あの人は赤い花の蜜を飲むことでしか、美しさを保てなくなったんだ。
しかも、花を赤く染めるには、特別な肥料が必要。

君、健康そうだね。
https://twitter.com/sa_tsumi/status/1183926463818395649?s=19 

迷い鳩が来た。家の軒下に身を潜め、朝になるとどこかへ飛んでいく。そして夕方には軒下に戻ってきていた。

今日、家の前で死んだ鳩を見た。首が逆を向き、羽が道路に散っていた。俺は鳩の冥福を祈った。

夕方、鳩は帰ってきた。ぐるりと首が逆を向いたまま、白く濁った目で俺を見ていた。

#呟怖

【嗤う人】
私には好きな人がいて、よく自分の事を話していたのだが、視えるパートさんからまた注意。あんたあのこはやめときな。好きな事を知ってて、あのこはあんたの事を嗤ってるよ。生気を吸いとっている件のブレスレットも、彼女からもらったものである。
#呟怖

#呟怖

人気のホラーゲームは、館内を移動中の足音がやけに響く。

画面は明るめなのが返って恐怖を誘う。

ゆっくりと移動していると、突然、妹が後ろで叫び声を上げた。

ビビらせるなよと振り返ると居ない。確かに妹の声だった。

気を取り直してゲーム画面に向かうと

ゲームの中に

妹が

居た。 https://twitter.com/mubkk/status/1183735063004868614 

#呟怖 #返怖

職場の誰かが自殺した
俺は、SNSで拡散された首吊り死体の写真を苦々しく思っていた

やがてそれも治まり
日常が職場に戻っていた

秋晴れの日
出勤時、何気に一番拡散された画像と同じアングルで携帯を向けた

ああ。
まだ、居る。

俺はそれをSNSにアップした

ビルの前に人だかり

皆、携帯を掲げている

視線とカメラが集まる場所には

首吊り死体

全く、あんなモノでだけ《いいね》が貰えるとでも?

僕は、死体と群衆を写真に撮り、
『#呟怖』というハッシュタグを頭につける

「このお題で呟怖ください」も添える

瞬く間に、数多の《いいね》が貰えた

#呟怖 ( #返怖 可)

ぞろぞろ歩いてる

ここは霊道らしい

先には大きなお寺

霊が一列になって

私の後ろから

次から次へとやって来る

車が横切ろうがお構い無し

「赤信号、みんなで渡れば怖くない」

そんな台詞が浮かびつつ

私は怖くて震えているhttps://twitter.com/nomunomutayuma/status/1183311934877077504 

#呟怖 ( #返怖 可)

長い雨が続いてた

何処かの課の奴が

首にロープを巻きつけて

ビルから飛んだ

ロープは屋上の金具に括られ

身体はビルの外壁にぶら下がり

首が絞まって死んだ

これ見よがしの自殺事件

そのあと空が晴れたので

皆はこれを「てるてる坊主事件」と名付け

今も語り継いでいる

今日もまた、床を這う音がする。
いつもの女が生臭い息と共に彼への呪詛を吐く。

絶対…許…さない…

私も、もう時期そちら側の人間になってしまうのだろう。
呪詛を吐く口は多い方がいい。
じゃなきゃ、この人は気づかない。
私は手首にできた傷をそっと撫でた。
#呟怖

#描き揚げ部
#お題は花
#このお題で呟怖をください
#呟怖
#呟怖イラストhttp://pic.twitter.com/3kgiixJeuf

#呟怖
教授は鐘の中に身を隠した僧侶安珍を蛇に姿を変えた清姫が焼き殺す場面に疑問があると?

蛇は水神ですからねえ。蛇が炎を吐くものでしょうか?

こうは考えられませんか。清姫は水神だ。ならば安珍の体内にある水分を操って振動させることもできたのでは?

なるほど、安珍はレンチンされたと。

最近の趣味は、専らオンラインのFPSゲーム。敵を銃で倒した時の爽快感が堪らない。
最近、大型アップデートがあり、新マップが解放されたようだ。

何となく日本の住宅地に似たマップに違和感を覚えつつ、敵を倒していく、

その時、家の扉が勢いよく開き、武装した兵士が部屋に入ってきた。

#呟怖

#呟怖

正面遠くから明かりを持った人影が向かって来るのに気付く。

薄暗い、木々に挟まれた舗装された道を歩いていた。

何もわからない。

ただ、気が付いたら、歩いていた。

人影が近付き、立ち止まる。

逆光でよく見えぬ顔は、誰かに似ていた。

---戻りなさい。

目が覚めると病院だった。 https://twitter.com/Wbaet11/status/1183860033651560449 

#呟怖
『おまえも入らないか』
沖縄のホテルの水死体を安置する部屋ってのに泊まった時、壁側を向いて寝ていると背後に数人の気配がしてそれがガヤガヤと話し始めやがった。挙句おまえも入らないかと生意気な事を言いやがったので叩きのめしてホテルの窓から海に叩き込み今度は水死霊にしてやったぜ! http://pic.twitter.com/AnDuIHciBw

SNSでホラー小説をアップしあう仲間の新作は妙にリアリティがあった。人を解体する猟奇モノ。読むだけで冷や汗が流れたその悔しさから、捨てアカウントを作って「見たな」と書き込んだ。悪戯のつもりだった。
俺の書き込みの直後「俺のをな」と誰かが書き込んだ。 #呟怖

【ブレスレット】
悪い事が続き、生きる気力を失っていた頃。ある女性がブレスレットをくれた。これは魔除けで、オニキスとアメジストで組んであるそうだ。しばらく着けて仕事をしていたが、体調が優れない。また視えるパートさんに言われた。そのブレスレット外しな。精気が外に漏れてる、と。
#呟怖

#呟怖

円筒状の廃墟を眺め、ツレに問う。

「願い事が叶うパワースポットだって」

いや、どう見ても心霊スポットだろう。

ツレの背を追い奥の部屋へ辿り着くと、髑髏が居た。

「おい……」

「これを屋上に」

上は崩れている。階段を駆け上るツレを止める寸前、ツレが消えた。

空が、青い。 https://twitter.com/dancewithsky/status/1181051952509046784 

#呟怖
この廊下を歩く時は天井を見るな、明滅をくり返す明かりを見るなと教わった。

着信音が鳴った。
スマホを取り出し画面を見た。
見てしまった。
画面に映った、蛍光灯ではなく光る目が一列に並ぶ天井を。
明滅はまばたきだった。

走るような足音が聞こえる。
獲物を見つけたような歓喜の声も。 https://twitter.com/usagamisousuke/status/1182047961947131904 

赤信号だ
止まらなくては
あぁ、人が歩いてる
でも誰かに掴まれたかのようにアクセルから足が離れない
はやくとまらないと
そう思う度にスピードが上がっていく

次の瞬間

って時に毎日目が覚めるんだ

不思議と予知夢になりそうで怖いから

最近よく信号無視をしてる

赤信号だ
止まらなくては
#呟怖 https://twitter.com/nomunomutayuma/status/1183311934877077504 

#呟怖

視線が、気になる。

何時も何処でも見られている気がする。しかも決まって怨みの籠った視線だ。

耐えきれずに先輩に相談してみた。すると

「そりゃあ、見られてるさ。よかったな、気づけて半人前だ。気にならなくなったら一人前」

ふっと先輩が笑う。

「出来なきゃ眼科医辞めちまえ」 https://twitter.com/YaChiRuewomiru4/status/1183222754419412993 

台風の中出勤させられ、疲弊しているせいか、枝分かれした矢印の道路標識が2本角の鬼に見えて仕方がない。ヤバいな。早く帰って寝よう……

背後に金棒を持った「それ」がいたことに、その人物は最期の瞬間まで気付けなかった。
#呟怖 https://twitter.com/nomunomutayuma/status/1183311934877077504 

#呟怖
最近、彼女できたBがうぜえ

自分と彼女のイニシャル入りセーターを
堂々と着てやがる、気持ち悪ぃ

「このセーター、彼女の手編みなんだぜ! よく見て!」

よく見なくても、わかるわ
毛糸一本一本ごとに彼女の髪の毛が編み込まれてんだろ?

「俺の彼女、超可愛い!!」

リア充、爆発しろ

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる136文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。