呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる136文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。

参加メンバーはこちら

呟怖.ORGと参加について

鴉が飛び立つとき、アンテナが折れた。それが世界崩壊の切っ掛けだったと知る人はいない。#呟怖 https://twitter.com/moon04cat/status/1217075115550134272 

#呟怖
母が過日元恋人に家の前で偶然遭遇したとか。然れど年格好を聞いてみると妙だなと感じた。元恋人は年下なれど然程年齢差は無かった。だが逢った彼は交際当時と大差なかったと。単なる母の見間違いならそれで良いのだが、私は既に彼はこの世に亡く最後に母に会いに来たのでは?と感じている。 http://pic.twitter.com/Badmdw8sEP

#呟怖

ー ついにこの日が来たか
チベットの奥地で長老が呟く
ー ついにこの日が来てしまいましたか
紅茶を入れる手を止め執事が言った
ー ついにきちまったか、この日が
やれやれと、首を振り男が言った
ー ついにこの日がきたか
鴉を見た彼女が食べかけのクレープを俺に手渡す
え? 何が来るの https://twitter.com/moon04cat/status/1217075115550134272 

#呟怖 #返怖

ああ、水が清浄になり始めた。宿主の死が近いのね。
宿主の死で私の姿はヒトの目に見える様になり、宿主の死を望んだ連中は裁かれる。
ふふふ、連中の悪意の川を渡って次は何処へ行こうかしら。ヒトの澱みは次から次へと美味な悪意を呼び寄せる。
ちゃぷん、と私は業の海で跳ねた。

月桂樹の花の模様が刻まれた鏡台。いつからか彼女は、僕が部屋を訪れるたび、鏡に黒い布を被せて隠すようになった。
「なぜ鏡を隠すの」
僕は訊ねる。
「鏡に映るあなたを見たくない。
鏡に映るあなたの背後のあの女を見たくない。
さてどちらでしょう」
彼女は嗤う。

月桂樹の花の花言葉は……
#呟怖

#呟怖
妹とテレビを見ていると、ベテラン芸人の名を冠した即席麺のCM。妹がいつまで新発売言ってんねんとナレーションにつっこむ。ああ、僕も見飽きた。この後、妹は若手俳優が主演する新ドラマを視聴する。主題歌が人気バンドの新曲という理由で。いったい僕は同じ一日を何回繰り返せば良いのだろう。 https://twitter.com/tsubukowa/status/1218341672649543681 

#呟怖

「これ買わなきゃ良かった」という物が結構あり、「何で買ったのかな」と考えると「その時は無性に欲しかったから」
そして「お金無駄にした」という後悔。
ところが愚かにもまた同じ事を繰り返す。自分が一番怖い。
これは霊現象ではない。自分の本能。目が合うと買ってしまう。ドール中古品 http://pic.twitter.com/ZnSb3MojAI

#呟怖 ( #返怖 可)

知人を消すために適当に口実を作ってそいつの部屋で飲んだ

酒に薬物を混ぜて昏睡させ

仲間を呼び

奴を風呂場で溺死させた

事故死になる筈だ

だが奴の胃袋から小さな金魚が検出

他殺として捜査され捕まった

何故、奴の胃の中に金魚が居たのか?

メンバーの誰にも分からない

#呟怖 ( #返怖 可)

「部屋の中に体操座りをしてる霊が居るんだ」

友達に相談を受けた

じっとして特に何もしなかったのに

ここ数日は体操座りのまま

ポーンと

空中に跳ね上がり

部屋じゅうを跳ね回る

「スーパーマリオの音楽をかけたら?」

そうアドバイスした

で、2ヶ月ほどで消えたらしい

#呟怖

「隣町で豆腐買ってきて」
「でも、おかあさん、となりまち、とおいよ?」
「良いから。絶対に隣町よ」
「はぁい」

「で、お前、子供の保険は?」
「あんたが来る間、追っ払ってただけだもん。死ぬと思わないよ。しくったわぁ」

ピンポーン。
「おかあさん、おとうふ、かってきたよ。あけて」

#呟怖
#一行怪談

俺が落としたモバイルバッテリーの周りに次々とやって来る悲しげな霊達がそれに触れた途端みんな笑顔で消えていくのを見て、スマホを充電できたから成仏したんだなと思っていたらとうとうバッテリー残量がゼロになったらしく、行き場を失った霊たちがみんなこっちへ向かって来た。

美しい薔薇が咲き誇った庭で、かつて叔母は私に言った。あんたの心にも薔薇を植えてあげる。私は訊ねた。棘があるのに? あんたの中にいる〈獣〉を棘で戒める為だよ。でも永遠に縛る訳じゃない。いずれその時が来る。

遂に薔薇の棘の戒めを解いて、私の〈獣〉は走る、走る、走る。どこまでも。
#呟怖

#呟怖

「ねえ、まだそんなの使ってんの」
ー えー、だってまだ使えるよ
「新しいのに乗り換えなよ」
ー まだ2年目なんだけど
「もう2年じゃん、新しいのに乗り換えなよ」
ー そうだね、新しいのに乗り換えるかな

別の体に乗り換えると
さっきまで使っていたニンゲンの体は崩れていった https://twitter.com/tsubukowa/status/1218341672649543681 

#呟怖
LINEの通知を見たら『母親』からだった。私の母は既に鬼籍に入っている。内容は…謎言語で読めない。悪戯だろうとブロック。だが、定期的に同じ『母親』から通知が来る。気味が悪い。ある日義妹から電話がきた。『お義母さんの三周忌なんですけど』…忘れてた。『母親』の通知もそれで止んだ。 https://twitter.com/molmol299/status/1218361550961905664 

「遂に僕は完全に新しい〈僕ヌーヴォ〉になったよ」

小学校から帰るなり息子が訳の判らないことを言うので、思わず吹き出した。
だが息子は涼しい顔で
「この際、お母さんもお母さんをやめて新しくなってほしいな」
と言うなり、私の財布を開いた。
……いつのまに?

「まず紙幣を燃やそうか」
#呟怖 https://twitter.com/tsubukowa/status/1218341672649543681 

#返怖
#呟怖

むかしむかし、ブリキの人形は心を手に入れて結婚して子供を産んで幸せになったのでした。
でも、おまえも私を置いていくのよね。
「お母さんとずっと一緒だよ!」

「ごめんね、母さん。母さんを壊さなきゃ…」
良いの。授業参観に行けたから。お母さんが悪いの。大丈夫。壊して。

#返怖
#呟怖

器は要らぬ、心が欲しい。

そう、あの人のご主人に持ち掛けたの。
体だけで良い、心は要らない。
そう言っているのを聞いていたから、話に乗ってくれると思っていた。

本当に人間と言うのは愚かしい。
こんなにも妙味な嗜好品を味わわずに手放したがるなんて。

ああ、終わってしまう。

#呟怖
#一行怪談
#姑獲鳥の涙

本編が上映される前の何も映されていないスクリーンには本当はたくさんの真っ黒い顔が映されている。

家に帰ると妻が二人になっていた。「私は勿論本物です。しかし此方も本物な気もしますし、私こそ偽物な気もと定かではありません」ねェ、と二人顔を見合わせ笑った。暫くすると片方がいない時に一瞬だけ片方が狐に見える様になった。そう言うと「私達、何方が狐かしら」ねェ、と同じ顔で笑った。#呟怖

#呟怖 ( #返怖 可)

授業参観で初めてAの母親を見た

友達も親たちも仲良く話していた

だから僕も話に合わせた

どう見てもブリキの人形

でも、誰もそれを言わない

僕だけそう見えているのか?

何故皆、普通に対応できるのか?

Aの母親はどう見てもブリキの人形

#呟怖 ( #返怖 可)

心は要らない
身体が欲しい

普段からそんな
露悪的な物言いを
している同僚の奥さんが
脳の怪我で要介護になった

呆とベットに座ったままらしい

自宅の階段から落ちたと聞いている

彼の望むような展開に
嫌な想像が止まらない

#呟怖
#実話

さっきから、高い男の声で「あー、ああー、あー、あー、ああー、あー、あー、ああー、あー、あー、ああー、あー、あー、ああー、あー、あー、ああー、あー、あー、ああー、あー、あー、ああー、あー、あー、ああー、あー、あー、ああー、あー、あー、ああー……」という幻聴が聞こえる。

#呟怖
◆◎◇△の発音についてよく質問される。神の名を正確に発音するのは人の舌では不可能で、できる者がいるとすればそれはもう人ではないと私は答えている。昔、研究仲間が失踪した。失踪前日、彼は宴会でサクランボの茎を舌で結び奇怪な幾何学模様を吐き出す芸を披露した。人に不可能な芸だった。

#呟怖

「たぬきでしょ」
「いのししだべ」
「ネズミに見えます」
「これは……ねこ」
「うん、間違いないわ! これは豚ね」

もう一度俺は、貼られた絵を見る
なぜ俺には動物に見えないんだ? https://twitter.com/MATTARINEKOkob1/status/1217405468550651904 

「逢魔が時」とは、まるで魔物に逢いそうな時間、というあくまで比喩であって、本当に魔物に逢う筈などない。
だからあの日の夕刻、闇咲坂の途中で僕がすれ違ったのはやはり君であって、君によく似た魔物なんかじゃない。

両の目尻から青黒い血を流していたのが見間違いじゃなかったとしても。
#呟怖

「私の猫を食べてください」

隣に引っ越してきた若い女から顔を合わせるたびにそう頼まれる。
無理無理、と何度も断った。
でも最近、そこまで言うなら、という気もしてきて、試しに
「一緒に食べてくれるんですか?」
と聞いてみたら
「それはちょっと……」
と困り顔で返された。

何だそれ。
#呟怖

「あ、蝿」

そう言って彼女は、僕の左頬に隆起している大きなほくろを指先でむしり取った。
鋭く甘美な痛みが脳髄を貫く。
涙があふれた。

ずっとこの時を待っていたのだ。
#呟怖

#呟怖

子供の頃、失せ物探しのおまじないを祖母に教えて貰った。

天の神様 地の神様
なくしたものは どこですか?

昨日、友達と喧嘩してから連絡が取れない。

神様 神様

ふと、外に友達が見えた。
窓に駆け寄る。

『続いてのニュースです。女子高生が遺体で…』

TVで友達の名前が読まれた。

#呟怖
#姑獲鳥の涙
#一行怪談

隙間という隙間から集めた視線の元をひとつひとつ丁寧に洗い、冷凍庫で凍らせ、次の夏の猛暑に備える。https://twitter.com/clematis_sen/status/1216646744164798466 

#呟怖

SCに娘を放置したら、二時間もしない内に警察から連絡が来た。
仕方無いので近所で預かってくれる人を探したが拒否された。
困っていた所に独り暮らしの大学生が名乗り出てくれた。

夜迎えに行くと大学生の部屋はもぬけの殻だった。

半狂乱で聞き回るも誰もそんな大学生など知らないと言う。

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる136文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。