呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる136文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。

参加メンバーはこちら

呟怖.ORGと参加について

#呟怖

変身ヒーローになりたかった。

やっと手に入れた薬を打つ。

駅でぶつかって来た男が吹き飛び電車にはねられた。

全員の視線が此方を向く。

変身していた。

急いでその場を離れる。

いつ撮られたのか、変身した姿がニュースで流れる。

人が死んだ。

どうしよう。

変身がとけない。

#呟怖
人生初の彼女ができた翌朝、父と母からおめでとうと祝福された。親には何も話してないはずなのに。学校へと向かう道すがら。公民館の掲示板、開店前の靴屋のシャッター、線路沿いの鉄柱にもおめでとうの文字。学校に着く。校舎を覆い隠す巨大な垂れ幕にも『交際開始おめでとう』と書かれていた。 https://twitter.com/machiko_kaidan1/status/1184032310007435264 

#呟怖 ( #返怖 可)

「先日、あなたに助けられた鵺(ぬえ)です」

「件(くだん)です」

「お世話になった空亡(そらなき)です」

「あの時のご恩を返しに来ました、黙示録の魔物です」

・・・

とある元号の終わりの夜に、奇妙な来訪者が続いた

皆が滅びるより前に、私は、絶望感を存分に味わっている

#呟怖 ( #返怖 可)

「噂をすれば影がさす」と言うが、霊感のある友人によると、死者の話をすれば、その霊が寄って来るらしい

その友人が先日の怪談会で笑っていた

語り手がお話を盛り上げいて、ここぞと言う時に「わっ」と大きな声を出したのだ

集まっていた霊がびっくりして逃げちゃったらしい

1匹で泳ぐ黒い金魚が寂しそうだったので、容器に血を一滴垂らしてみた。
血は水の中でさーっと広がったかと思うと、たくさんの小さな丸い玉のような形に別れていき……
それらはやがて、赤い金魚になった。

#呟怖 https://twitter.com/hazukizm/status/1184481215794962433 

友人たちの旅先からのビデオメール
山の斜面の車道脇で景色の感想を言い合っているところを撮影しているようだ
しばらく見ていたら突然切れた
終わりの宣言もなしに、なぜいきなり?

何度も繰り返し見ていて道路脇のカーブミラーに映り込む急接近する大型トラックに気がついた

#呟怖

【ラブホ】
当時交際していた彼女とホテルに入り、ベッドに寝転がり、彼女の方を見ると、大きな女の顔が床一面に“映って”いた。一瞬硬直したが、部屋が明るかったのですぐに持ち直し、凝視した。女は目が合うと、そのままベッドの下へスーっと消えていった。その場は彼女に伝えるのをやめた。
#呟怖

#呟怖

線路の侵入禁止柵代わりの錆びたH鋼に『おめでとう』と拙い字で彫られていた。

子供の悪戯だろう。

だが、何かしら禍々しい物の様に感じ、目が離せぬまま通りすぎようとした時、

突然、花束が差し出され、

電車が

目の前の花を

散らした。

こちらに

電車が

迫る。 https://twitter.com/machiko_kaidan1/status/1184032310007435264 

#呟怖

朝晩寒くなって、家の前の草木に霜が降りると「ああ冬が来る」と思う。地面には同じく茶色の土の上にうっすらと膜をはったような霜が、ガチガチの様相を見せてくれる。
そんな茶色に乳白色の膜をはったようなガチガチの顔の人に会うと
「この人もうすぐ死ぬ」
と感じながら、冬の朝を思い出す。 http://pic.twitter.com/a4u161cHdW

#呟怖
大学在学中に漫画家デビューが決まり上京したA子とF美は、不動産屋を巡り格安の一軒家を見つけた。格安の理由は住んでみるとすぐわかった。屋根裏からツライツライ……と苦しげな女の声がするのだ。無理もう私ここに住むの無理ヤバイヤバイと怯えるA子にF美が言った。

幽霊もあんたも語彙力www

#呟怖
この鳥ね、こう見えて、実は飛行機と同じ大きさなんですよ。
https://twitter.com/moon04cat/status/1182162848404799489?s=19 

#呟怖
お前、あれ何て書いてある?
保線区の先輩が、線路端の古びた鉄柵を指さした。ペンキで汚く、ありがとう、と落書きされているのだ。
だよな、俺にはおめでとうと読める、もう終わりだ、お前は早く仕事辞めろよ。
先輩はその日、終電に飛び込んで死んだ。同じ末路を辿った人はもう四人目である。 https://twitter.com/machiko_kaidan1/status/1184032310007435264 

#呟怖
「性差別の罰として、男は女の奴隷になるべき!」が口癖の友人が四肢を失った。
彼女の夫が“妻が働かなくてもいいように”手足を切り落とし、一ヶ月後に餓死するまで彼女の世話をしたそうだ。
「こんなはずじゃ…」と病室で涙を流す彼女に、私は問うた。

「何で?言うとおりになったじゃない」

「なんだ、その顔は! 俺に文句があるのか?
折角殺してやったのに、なんの不満があるんだ!
その顔止めろ! また絞め殺すぞ!
それともなにか、殴り殺されたいのか!」

隣りの部屋から怒鳴り声が聞こえるんだが。
警察を呼ぶべきか救急車を呼ぶべきか、それが問題だ。

#呟怖 #140字小説

#呟怖
此処は昔、不名誉な事に飛び込み自殺がし易い線路だった。どう対策しようかと職員が悩んでいたところ、ふらりと現れた僧侶が鉄柱に祝福の言葉を刻んだ。以来、飛び込みは止んだ。自死を祝われたと猛然と腹が立ち、気力が湧いてでるらしい。
「失敗したか?」と僧侶が呟いていたのは謎である。 https://twitter.com/machiko_kaidan1/status/1184032310007435264 

娘は毎日泣きながら
赤い花を吐き続け

やがて赤い花に埋もれて
動かなくなっておりました

その日父親が帰ってきて
「役立たずめ」と娘の亡骸を足でつつくと
その足にたくさんの赤い花が絡みつき
足に茎を刺し
益々赤くなり、
父親は立ったまま息絶えたそうです。

・・・ここがその場所です

#呟怖

昔昔、あるところに
優しくて可愛い娘がいました
娘は父親と二人暮しでした

娘は
声を出すと口から花が零れ落ちる病にかかっておりました

ある日突然
血のような赤い花しか零れなくなり
その日から父親は外出が多くなり
代わりに知らない男がたくさん出入りするようになりました

#呟怖 #続くhttps://twitter.com/sa_tsumi/status/1183926463818395649 

#呟怖 鋭い啼き声に空を仰ぐと鳶である。奴は死肉を喰らう。俺が死ぬのを待っているのか。山奥の迷い道。もはや歩く力も尽きた。死ほど綺麗事から遠いものはない。腐乱し蛆が涌き朽ち果てる。死肉の一片ぐらいくれてやるさ。観念すると鳶が舞い降り俺の顔を覗き込む。黒い目玉に土気色の死相が映った。 https://twitter.com/moon04cat/status/1182162848404799489 

【声】
ある作業を集中して取り組んで、疲れ果ててソファーでついつい眠ってしまった時。金縛りに合った。身体が動かなくなり、耳鳴りが始まる。しばらくするとラジオのようなノイズとなり、"..ア...アアア...サー"人の声が混じって来たので、慌てて飛び起きた。
#呟怖 #実話

#呟怖

人間どもは用心深いのか馬鹿なのかよく解らなくなるの。

血液クレンジングという名目で集客し、喜々として血を浴びる僕達の姿を見ながら、幾つもの異名を持つ女主は溜息をついた。

人喰いの城と噂が立つ前に用心深く塒を変えて人を狩る。美と健康に執着する餌がいる限り困らない。
とは言え。

#呟怖 ( #返怖 可)

線路には私道になってる所がある

人々が勝手に跨いで渡るので、地面が踏み固められて道になっているのだ

ここもその一つ

誰も居ないのに景気のいい太鼓の音や鈴の音の幻聴がする

どうもここから天に霊道が伸びてるらしい

だから線路側のポールにおめでとうの文字を刻んでみたhttps://twitter.com/machiko_kaidan1/status/1184032310007435264 

#呟怖 ( #返怖 可)

「送り狼さん、よろしゅう願い申し上げます」

手振り鈴を下げて夜道を歩く

この辺は人も狼も互いの距離を上手く保っている

チリーン チリーン

手振り鈴は「敵じゃないよ」の符丁の音

用を済ませて夜道を帰る

道の傍で何かが狼に食われてる

他所者はこうなる

多分、盗っ人だhttps://twitter.com/wbaet11/status/1183860033651560449 

#呟怖
幽霊と戯れるようになった飼い猫がペットボトルの蓋を玩具にして俺をじっと見る。茶葉子?と訊いて猫パンチ喰らったので慎重に「緑茶だからみどり?」と言ったら満足そうに喉を鳴らした。すると棚の国産翡翠の標本が落ちた。ああそうか、翠さんか。幽霊に漢字教えて貰えるとは思ってなかったよ…。

推しのミニライブに行き
推しの汗のかかる距離で
推しを鑑賞できた時
華のような鼻血を噴き
「・・・尊い・・・」と呟く
限界ヲタク

に見えた自分の脳みそが
いちばん怖い

・・・ごめんなさい、
真面目に #呟怖 考えます・・・ https://twitter.com/sa_tsumi/status/1183926463818395649 

【"視える"】
霊は、可視化できる力は持っていないのだと言う。では何故霊が視えるのかというと、見せたい相手が弱り、周波数(19hz)が近づいてる時に、相手のイメージ力(?)を使って、可視化するそうだ。それ故、霊を目撃した人が超限定化されるわけだ。という話を聞いた時、とても腑に落ちた。
#呟怖

#呟怖
ぴっちり隙間なく赤い金魚で埋められた中に、一匹だけ黒い金魚がいる。目立つなぁと思って覗き込むと、黒い金魚の体から赤い血がゆっくり流れ出し、固まって赤い金魚になっていた。
「黒はダメよ。赤いのだけね」
…このコは性悪だから、直ぐに男を咥え込むの。
店の女主が嫌な笑みを浮かべた。 https://twitter.com/hazukizm/status/1184481215794962433 

【ゲシュタルト崩壊】
"あなたは誰?"そう鏡に問いかけ続けた事はありますか?
一時期私も精神を病んでいる時に、同じような事をした事があります。今ではもう回復してそういう行動は慎んでいるのですが、本当に自我が崩壊してしまうそうですね。
#呟怖 #メンタル

#呟怖
血液クレンジング…?聞き慣れない言葉だな~。「肌も綺麗になるの!お友達も誘って」と熱心に勧めてくる同僚にマルチ商法かと生返事する。何とか逃げきったけど、他の部署の若手が数人巻き込まれて、出社しなくなった。同僚の肌は段々綺麗になって熱心に勧誘続けてる。効果はアリ?何するんだろ。

#呟怖

子供の頃から妖精が好きで、どうしても本物が見たかったので、この薬を開発した。

花びんに薬を落とす。

蕾はゆっくりと花開き、中から白磁の如く妖精が姿を現す。

成功だ。

妖精の口がゆっくりと開く。

口から花が咲く。

花から妖精が。

その口から花が。

花から……。

失敗だ。 https://twitter.com/sa_tsumi/status/1183926463818395649 

これから血液クレンジングの為海外に行ってきます
ルーマニアってこの技術の先進国なんだって
パンフレット見たら、綺麗なお城みたいな所で
担当者が伯爵なんだって、貴族ですよ、凄ーい!!
夜中じゃないと駄目みたいだから時間考えて行かなきゃ
じゃあ行ってきまーす

#呟怖

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる136文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。