呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる136文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。

参加メンバーはこちら

呟怖.ORGと参加について

#呟怖

何処とも知れない場所でバス停に出っくわした
暫くバスを待っていると熊のような生物と小学生ぐらいの女の子が並ぶ
俺は胸がときめいた
このまま待っていたらきっとあのバスが来るに違いない
動物みたいなあのバスが!
だが
俺の期待は裏切られた
確かに動物のバスが来たのだが
狸だった https://twitter.com/moon04cat/status/1185471669181091841 

腕が揃えば私の美しい人形は完成する。
美しく仕上げたいから、最近私は道行く人の腕ばかりを見ている。

そして今日やっと理想の腕に出会えた私は思わず声をかけた。

お嬢さん、とても美しいですね。

その女性は少し困った様な笑みを浮かべた。
この人にしよう。

大丈夫、痛くしないから。
#呟怖

#呟怖

神秘的な事で言ったら、やはり女性の出産は不思議そのもの

お腹の中の大きな塊が下半身から出てくる不思議

出産の凄い痛みを忘れて次の子を妊娠する不思議

母親が殺されてもお腹の中で生きている不思議

産まれなかった水子が人を呪い殺す不思議

生まれた子供を簡単に殺す親がいる不思議 http://pic.twitter.com/u5D4mdBJS0

#呟怖 近所に住む一人暮らしのお爺さんが亡くなって、空き家になった家が取り壊され、庭の金木犀も一緒に切り倒された。それから毎年、何もない空き地に何故か金木犀が仄かに香る。お爺さんが大切に育てた金木犀。きっと魂だけになって今も、花を咲かせているのかも知れないね、と近所の人と話した。 https://twitter.com/molmol299/status/1184120386415288322 

#呟怖

お客さん、このバスには乗れませんよ
この人たちですか?
ご家族連れ、学生さん、サラリーマン
みなさん、夜明け前までに…
ええ、そうです
では

パタパタ、パタン『三途の川行き』

空に昇っていったバスは一条の陽の光に乗るとゆっくり走り出し、やがて静かに消えた。 https://twitter.com/moon04cat/status/1185471669181091841 

【ヒーラー】
まるでRPGの役職のようだが、そんな職業の友人がいる。大学の同級生の紹介で知り合った人だ。いい機会だから、水槽を眺める時に出てくる"横女"の話をすると、怖いからもうやめて、という。話を聞くと、どうも目の部分がぽっかりと暗い霊は、よくないものだそうだ。
#呟怖 #実話 #心霊

#呟怖
引っ越しの時に出て来た古い手紙。女は良い思い出は取っておくものだな。息子が黙って差し出した封筒には亡き弟から妻への恋文。妻が死んだ直後には封筒から出すことも出来なかった便箋がさらりと開ける。喪が終わったのか、息子にバレたから観念したのか。弟の写真と重ねて私は手紙を処分した。

#呟怖

波間に見え隠れする岩礁の上で言い争う二人の男。
何度も波を被りながらも殴り合っている。
あれは…

死んでからもああして喧嘩し続けてるんだ

隣にいた老人が煙草を燻らせながら言った。

遺産争いさ
バカ息子どもが

立ち上がった後ろ姿が溶けるように消えた。
落ちた吸い殻を風が転がす。 https://twitter.com/moon04cat/status/1185470747042439168 

町の奴らは誰も俺の話を信じねえ。サメ映画の見過ぎで、お前は話に尾ヒレより背ビレをつけるようになっちまったなあなんて言いぐささ。俺は確かに見たんだ。波間より現れた女神のような巨大サメを。なにっ、浅瀬でサメと対峙し、退治した話をしろって。そいつは #呟怖 で話すにゃシャークが足りねえ。 https://twitter.com/moon04cat/status/1185470747042439168 

【憑く人たち】
https://youtu.be/oPRNz0vrYEI 
あからさまに狂って見える人達がいる。通勤、通学途中にもたまに見かけるため、日常の一部として見がちだが、所謂視える人たちからすると、違った視え方をするという...
#呟怖

【こっちにぶん投げる人】
以前の話にも出てきた通り、弊社に社長が帰ってきている時、入口のシャッターに顔だけ半分覗いて女がいてそんな時に限って、社員・パートさんの体調が悪くなる。視えるパートさんによると、社長以外のほとんど全員の周りに、知らない人の顔が視えるそうだ。
#呟怖 #実話

#呟怖
ギィ…ぎぃ…
その家は、常に重い何かが揺れる音がしていた。
…今日は何して遊ぶ?
遊びに行く度に背後から目隠しをすると、友人は直ぐに屋外へと僕を連れ出す。揺れる何かの音を聞きながら、2人で遊んだ。暫し後、かの家が取り壊され、半ば白骨化した首吊り死体が出た。嗚呼、あの時既に友人は https://twitter.com/STR_reo8/status/1021052297890025472 

#呟怖
その人はずっと昔から我が家にいる。
「馬鹿な契約をしたもんさ」
悪態をつきながら、夭折の多い我が家の『祖母』として面倒を見てくれる。秘密を知るのは直系の跡取りのみ。早世が多いのはこの人が寿命を喰っているからだと知っても家を栄えさせてくれてるこの人を、当主はずっと追い出せない。

#呟怖

旅行先の名も知らぬバス停。
先客の老夫婦に会釈する。
「何時に来るんですか?」

―すぐだよ
―こんな雨だ。うちで雨宿りして行きなさい
―もう遅い、泊まっていきなさい
―うちの子になれば良い

頷きかけた時、突然眩い光に視界を奪われる。

バスのヘッドライトだ。

老夫婦の姿は消えていた。 https://twitter.com/moon04cat/status/1185471669181091841 

#呟怖

「ぬりかべ~」
道を歩いていた私の前にぬりかべが立ちはだかった
何をどうしようと退いてくれない
おかげでお見合いはご破算と成ってしまったが
後日、その男は児童虐待で逮捕されていた
「ありがとうあなた優しいのね」
彼にそう言うと
「ぬりかべ~」
目の前が真っ赤になった

#呟怖
背中のジッパーを下ろし、スーツを脱ぎ捨てる。四肢を伸ばしてリフレッシュ。今週もよく働いてくれたなとスーツを労う。
来週はどのスーツにしよう。清楚系美女、爽やか系男子。たまには珍味を味わうのもいいかもしれない。血塗れの擬態用服を洗いながら献立を考えるごくごくありふれた週末。

【目を瞑ると】
https://youtu.be/zQfezYXZ8uM 
出張で、京都のホテルに泊まった時の事。明日の支度も終わり、さて寝るか、と目を瞑ると、血塗れの女の顔面がドアップで写る。目を開く。部屋に異常はない。また目を瞑ると女がちょっと、笑った。ウーン、寝れない。。。
#呟怖

#呟怖
「酷いっ!俺の躰目当てに近付いたんだなっ!?」
…と喚く男を前に私はうんざりする。ソッチこそ私の躰目当てで誘いに乗っかって来たんだろうに。
「だって美味しそうだったんだもの」
躰だけじゃなく、性欲でパンパンな心もね。舌舐めずりをすると私は頂きます、と手を合わせた。

#呟怖
波の随に漂うは、あれは魚か化生の者かそれとも人魚か。
…また海を顰めっ面で睨んでるね。何が見えるの?
解らないから確かめてるんだ。ついでに声だけしか聞こえない、海にいると寄ってくるお前さんが何なのか、教えてくれれば謎が1個減るのにな。 https://twitter.com/moon04cat/status/1185470747042439168 

#呟怖
あれ?私、何時から此処に座ってバスを待っていたっけ?考えこんでいる間にバスが来た。乗り込もうとしたら躰半分入れた時点で扉が閉まり、運転手が言った。
…お客さん、現世に片足突っ込んでますね。乗れませんよ。
へ?と思う間もなく弾き飛ばされ、目が覚めたら病室のベッドで寝てた。 https://twitter.com/moon04cat/status/1185471669181091841 

#呟怖
今日は予報を見て傘を持って出掛ける。
降ってくるタイミングを見定めるのが大変。
ポンッとワンタッチで傘を開くと、濡れて湿った重い音が傘の上で撥ねた。良かった。今日は軽めの目玉の降る日。躰の一部が降る日は合羽に長靴と汚れ防止も完璧。地面に落ちた躰の一部は回収すれば再利用が可能。

【嘘の様なホントの話】
私は音声テストのため、編集後の音を敢えてもう一度車の中で聴く癖をつけている。音をかき消すノイズがたくさんあるからで、本日録音した話を車の中で今一度聴き終え、なんとはなく「怖かった?」と呟いたら、「うん」と返答があった。
テンションが上がった。
#呟怖 #実話

#呟怖

1997年シンガポール沖で一つの音波が観測された
海の中のそれは海底火山や地殻の動きなどの音とは違い
『生きた生物の出すソレ』であった
だがその音を出すには少なくともシロナガスクジラの5倍以上の大きさが必要とされ海洋学者の頭を悩ませている https://twitter.com/moon04cat/status/1185470747042439168 

「最近は花が増えたなあ」
庭先に咲いた赤い花を見て呟くと、隣の家の近藤さんが洗濯物を干しながら言う。
「昨今はいつまでも美しくありたい女性が増えたからなあ。そういう世の中なのかも知れないな」
なるほど、と私は頷いた。

庭に立つ妻の口から咲き誇る赤い花は、とても麗しかった。

#呟怖 https://twitter.com/sa_tsumi/status/1183926463818395649 

#呟怖 元カレが、サイフひろって。小銭が、数枚しか入ってなくて。でも、十円も、百円玉も、どれも、これも、昭和の70年代の数字しか、入ってなくて。本物、そっくりで。なに、これ、マジ、ヤベえ、ニセガネじゃねえのって。警察に届けるかって、いってて。それから、あいつ、いなくちゃったんだよ。

#呟怖
赤なら止まれって習ったんだよ!
«ここは鏡の国です»
じゃ渡っていいんだよね?
身体は猛スピードで走ってきた何かに跳ねられた後地面にめり込んでから飛び出し立った。
«あくまで鏡が反転させるのは見えるものだけだ。赤である意味は鏡には関係ない» https://twitter.com/nomunomutayuma/status/1183311934877077504 

#呟怖
バス待ってるんですか?
田舎で、結構待つでしょ。ごめんなさいね…って私バス会社とは全然関係ないんですけど笑。え、やだわ。褒めたって何にもでませんよ…あ、そうだ、ちょっとまって…あ、あったあった。はい、これ、お菓子とお茶ね。

私は1人の声がしただけで、誰も見えなかった。 https://twitter.com/moon04cat/status/1185471669181091841 

【引っ張られる】
友人が入院した。原因は不明で、なかなか体調が回復しないという。視えるパートさん曰く、彼女が憑いていて、連れて行こうとしているそうだ。その彼女は私も面識があり、素直でいい娘だったが、数日前。カミソリを大量に飲んで自殺していた。
#呟怖 #実話

#このお題で呟怖をください
#呟怖
見知らぬ町の見知らぬバス停 http://pic.twitter.com/ST4CKwerJ3

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖.ORG | 呟怖

呟怖は、Twitterでハッシュタグ『#呟怖』をつけてツイートすれば誰でも参加、投稿できる136文字以内の創作・実話の怖い話です。呟怖.ORGには、日々投稿される呟怖から転載または朗読やイラストなど二次利用を許可されたものが集まっています。作品の二次利用に関する約束は掲載作品の転載、二次利用についてをご覧ください。自分の呟怖作品も、他の掲載作品同様に読んでいいよ・描いていいよという方は、ぜひ参加ボタンから呟怖作家としてご参加ください。その他ご不明なことはガイドをご覧ください。